車中泊事始め【年表】

・10代から自転車で中部地方を野宿旅

・20代前半はその延長線上で
日本一周笛吹行脚の旅

・24歳(1984年)中古の軽四スバル・サンバーを入手。車中泊の旅をするようになる。

・28歳(1989年)サンバーが寿命を迎え、先輩に譲ってもらったニッサン・シルビアでコックピット車中泊になる。この形態で「日本のスミレ」の取材に突入。

・31歳(1991年)ニッサン。サニー・カルフォルニアを中古で入手。荷室車中泊へ。

・34歳(1994年)三菱・デリカスターワゴン・ポップアップを入手。

・40歳(2000年)デリカのセカンドシートを外して、キャンピングキャビネットを自作。

・45歳(2005年)デリカ33万キロで寿命を迎える。ホワイトハウス・ウィークエンダー(ステップワゴンベース)を入手。即セカンドシートを外して、キャンピングキャビネットを自作。

1件のコメント

  1. あおい より:

    車中泊の歴史を読んで、10〜15年前に行った尾瀬の花見を思い出します。
    仕事を終えてから車で出発し、夜遅くに到着、シートを倒してフラットにした座席で眠り、
    翌朝早く花を目指して歩き始めたものです。
    季節ごとの花々を見つけては感激し,何度も通った懐かしい思い出です。

    自由に自然とともに生きることが生来のいがりさんの姿なのでしょうね、
    野宿から始まった車中泊の歴史、野や山の花と生きるいがりさんの歴史、なんだかうらやましいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です