ミヤマダイコンソウ

Geum calthaefolium var. nipponicum
バラ科 ダイコンソウ属

植物図鑑のトップページへ

INDEX > 双子葉植物離弁花類 > バラ科 > ダイコンソウ属 > ミヤマダイコンソウ

ミヤマダイコンソウ 拡大画面へ

ミヤマダイコンソウは,高山の岩場に生える多年草。夏山シーズン初めには黄色の花が多いがミヤマダイコンソウはダイコンソウの仲間なので,根生葉に特徴がある。一見切れ込んだ円形の葉のように見えるが,これは正確には複葉の頂小葉で,柄を見ると小さな側小葉がついている。
高山の黄色い花で同じような特徴をもったものはない。同じような季節に同じようなところに生えるものとして,ミヤマキンバイがあるが,葉は3小葉。
ほかの,ダイコンソウの仲間は低山地の林の中や湿り気のあるところに生えるので,紛らわしいことはないが,ミヤマダイコンソウの特徴は根生葉の側小葉が小さいことのほか,茎葉がごく小さく柄がなくて茎をぐるっと抱くようにつくこと。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


ミヤマダイコンソウ 2003年6月27日 北アルプス白馬岳 alt.=2662m

【漢字名】深山大根草
【花期】6〜8月 【分布】北海道・本州(東北,関東,中部,近畿) 【草丈】すね〜ひざ
【環境】高山・亜高山

ミヤマダイコンソウ 詳細画面へ ミヤマダイコンソウ 詳細画面へ ミヤマダイコンソウ 詳細画面へ ミヤマダイコンソウ 詳細画面へ ミヤマダイコンソウ 詳細画面へ ミヤマダイコンソウ 詳細画面へ ミヤマダイコンソウ 詳細画面へ
ミヤマダイコンソウ 花(北アルプス白馬岳) ミヤマダイコンソウ 花背面(北アルプス白馬岳) ミヤマダイコンソウ 花中心部(北アルプス白馬岳) ミヤマダイコンソウ 花弁の落ちた花(北アルプス白馬岳) ミヤマダイコンソウ 茎(北アルプス白馬岳) ミヤマダイコンソウ 茎葉。ごく小さくて柄がなく茎を抱くようにつく(北アルプス白馬岳) ミヤマダイコンソウ 頂小葉。一見単葉に見えるが花柄に小さな側小葉がつく(北アルプス白馬岳)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

Y listの関連ページへ

図鑑jpの関連ページへ

このほかのダイコンソウ属
ダイコンソウ  オオダイコンソウ  カラフトダイコンソウ  チングルマ 
このほかのバラ科
キンミズヒキ  ヘビイチゴ  ヤブヘビイチゴ  キジムシロ  オヘビイチゴ  ウメ  モミジイチゴ  ヤマブキショウマ  クサボケ  ヤマブキ  ミツバツチグリ  カマツカ  オクチョウジザクラ  ウワミズザクラ  テリハノイバラ  ワレモコウ  ヒメキンミズヒキ  オニシモツケ  シモツケソウ  ノウゴウイチゴ  シロバナノヘビイチゴ  ヒメヘビイチゴ  ミヤマキンバイ  ツルキジムシロ  ツルキンバイ  コバノフユイチゴ  コガネイチゴ  アズキナシ  ウラジロナナカマド  コキンバイ  チョウノスケソウ  アカバナシモツケソウ  エゾクサイチゴ  コバナキジムシロ  イワキンバイ  ツチグリ  エゾツルキンバイ  キンロバイ  チシマキンバイ  ヒロハノカワラサイコ  エゾノミツモトソウ  クロバナロウゲ  テリハキンバイ  エチゴキジムシロ  ミヤマニガイチゴ  カライトソウ  タカネトウウチソウ  ナガボノワレモコウ  イブキシモツケ  ハゴロモグサ  ミヤマヤマブキショウマ  アポイキンバイ  メアカンキンバイ  ホロムイイチゴ  エゾノトウウチソウ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】