エゾイラクサ

Urtica platyphylla
イラクサ科 イラクサ属

植物図鑑のトップページへ


エゾイラクサ 拡大画面へ

エゾイラクサは,山地や原野のやぶに生える多年草。北日本でイラクサといえばエゾイラクサのことを指すことが多い。
よく似たイラクサは葉がやや不規則に切れこむが,エゾイラクサは鋸歯縁。コバノイラクサもよく似ているが,エゾイラクサよりもやや日陰に生え托葉は合着せず各節に4個ある。エゾイラクサは托葉が合着して各節に2個あるように見える。
そっくりで西日本に生えるものは,やはり托葉が合着し2個でホソバイラクサやナガバイラクサといわれるが,いずれもエゾイラクサの種内変異とする見解もある。
また,ムカゴイラクサミヤマイラクサなどムカゴイラクサ属の仲間は,葉が互生するので見わけることができる。エゾイラクサなどイラクサ属の仲間は対生する。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


エゾイラクサ 2001年8月16日 北海道足寄郡足寄町 alt.=230m

【漢字名】蝦夷刺草
【花期】7〜10月 【分布】北海道・本州(東北,関東,中部,近畿)・四国 【草丈】ひざ〜背丈
【環境】人里・田畑,山地・低山,森林・林縁,原野・草原

エゾイラクサ 詳細画面へ エゾイラクサ 詳細画面へ エゾイラクサ 詳細画面へ エゾイラクサ 詳細画面へ エゾイラクサ 詳細画面へ エゾイラクサ 詳細画面へ エゾイラクサ 詳細画面へ

エゾイラクサ 標準的な葉(北海道豊富町) エゾイラクサ 比較的幅の広い葉(北海道豊富町) エゾイラクサ 幅の細い葉(新潟県中条町) エゾイラクサ 托葉は1対なのがナガバイラクサと見わけるポイントになる(北海道豊富町) エゾイラクサ 茎や葉柄に触ると痛い刺があるのは、この仲間に共通の特徴(新潟県中条町) エゾイラクサ 葉の表面(北海道豊富町) エゾイラクサ 葉の裏面(北海道豊富町)
もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

エゾイラクサの変異VARIATION

HELP

エゾイラクサ 葉の細いタイプ 1998年7月20日 新潟県中条町

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのイラクサ属
イラクサ  コバノイラクサ 
このほかのイラクサ科
ヤブマオ  カラムシ  メヤブマオ  コアカソ  アカソ  ミズ  アオミズ  ラセイタソウ  クサコアカソ  ヒメウワバミソウ  ウワバミソウ  ムカゴイラクサ  ミヤマイラクサ  カテンソウ  ミヤマミズ  ナガバヤブマオ  ヤマトキホコリ  サンショウソウ  オオサンショウソウ  キミズ  チョクザキミズ  アラゲサンショウソウ  ヒュウガサンショウソウ  ナガバサンショウソウ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】