イラクサ

Urtica thunbergiana
イラクサ科 イラクサ属

植物図鑑のトップページへ


イラクサ 拡大画面へ

イラクサは,触るとちくっと独特の痛みがあるのが何よりの特徴。この痛い刺があるのはイラクサ属かムカゴイラクサ属で,イラクサ属は葉が対生で花序は葉えきだけにつくが,ムカゴイラクサ属は葉が互生し,雌花序は茎の頂から突き出してつく。
イラクサはイラクサ属の代表種だが,意外に個体数は少ない。イラクサ属の中では卵円形で葉の縁が欠刻状に深く切れこむのがイラクサだけの特徴。ミヤマイラクサの葉も似ているが,やや葉の幅が細く,先に述べたように花序が茎の頂から突き出す点がちがう。
山地のやぶに生える多年草。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


イラクサ 1998年8月29日 熊本県蘇陽町

【漢字名】刺草
【花期】8〜10月 【分布】本州・四国・九州 【草丈】ひざ〜目
【環境】山地・低山,森林・林縁

イラクサ 詳細画面へ イラクサ 詳細画面へ イラクサ 詳細画面へ イラクサ 詳細画面へ イラクサ 詳細画面へ イラクサ 詳細画面へ
イラクサ 葉は円形で深く切れ込む。(熊本県蘇陽町) イラクサ 葉の表面(熊本県蘇陽町) イラクサ 葉の裏面(熊本県蘇陽町) イラクサ 茎の刺は触ると痛い(熊本県蘇陽町) イラクサ 托葉は1節に2個(熊本県蘇陽町) イラクサ 葉は対生する(熊本県蘇陽町)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのイラクサ属
エゾイラクサ  コバノイラクサ 
このほかのイラクサ科
ヤブマオ  カラムシ  メヤブマオ  コアカソ  アカソ  ミズ  アオミズ  ラセイタソウ  クサコアカソ  ヒメウワバミソウ  ウワバミソウ  ムカゴイラクサ  ミヤマイラクサ  カテンソウ  ミヤマミズ  ナガバヤブマオ  ヤマトキホコリ  サンショウソウ  オオサンショウソウ  キミズ  チョクザキミズ  アラゲサンショウソウ  ヒュウガサンショウソウ  ナガバサンショウソウ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】