ミヤマイラクサ【植物検索・撮れたてドットコム】

ミヤマイラクサ

Laportea macrostachya
ムカゴイラクサ属
ENG=イラクサ科 Urticaceae
APG=イラクサ科 Urticaceae

植物検索のトップページへ


ミヤマイラクサ 拡大画面へ

ミヤマイラクサは,ムカゴイラクサ属の多年草。茎に触ると痛い刺を持つのは,イラクサ属の種と同じだが,ちがいは葉が互生であることと,雄花序が茎の頂から突き出すこと。この特徴をもつものは,ほかにムカゴイラクサしかない。雌花序は葉の陰に隠れるようにつく。
ムカゴイラクサとのちがいは,ミヤマイラクサは葉えきにむかごを作らないこと。また,葉の形は本種は楕円形で深く切れこむのに対して,ムカゴイラクサは卵状披針形で鋸歯が低い。
ミヤマイラクサの方が普通ひとまわり大きく,草丈は人のひざから腰ほど。やや深い山に多い。

植物写真の決定版!出来!!

目から鱗の植物写真術がついに書籍化


ミヤマイラクサ 1999年9月9日 長野県戸隠村 alt.=1428m

【漢字名】深山刺草
【花期】7〜9月 【分布】北海道・本州・四国・九州 【草丈】ひざ〜目
【環境】山地・低山,森林・林縁


ミヤマイラクサ 詳細画面へ ミヤマイラクサ 詳細画面へ ミヤマイラクサ 詳細画面へ ミヤマイラクサ 詳細画面へ ミヤマイラクサ 詳細画面へ ミヤマイラクサ 詳細画面へ
ミヤマイラクサ 葉は縁が深く切れ込む(長野県戸隠村) ミヤマイラクサ 雄性花序。すでに葯は落ちている(長野県戸隠村) ミヤマイラクサ 雌花。白いものは柱頭(長野県戸隠村) ミヤマイラクサ 若いそう果(長野県戸隠村) ミヤマイラクサ 茎に触ると痛い刺があるのはこの仲間に共通の特徴(長野県戸隠村) ミヤマイラクサ 葉が互生するのは、イラクサの仲間ではほかにミヤマイラクサだけ(長野県戸隠)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 


Y listのミヤマイラクサ関連ページへ

図鑑jpのミヤマイラクサ関連ページへ

ミヤマイラクサと同じ属の仲間(ムカゴイラクサ属)
ムカゴイラクサ
 
ミヤマイラクサと同じ科の仲間(イラクサ科)
ヤブマオ
  カラムシ
  メヤブマオ
  コアカソ
  アカソ
  ミズ
  アオミズ
  ラセイタソウ
  クサコアカソ
  ヒメウワバミソウ
  ウワバミソウ
  カテンソウ
  ミヤマミズ
  エゾイラクサ
  イラクサ
  ナガバヤブマオ
  ヤマトキホコリ
  サンショウソウ
  オオサンショウソウ
  キミズ
  コバノイラクサ
  チョクザキミズ
  アラゲサンショウソウ
  ヒュウガサンショウソウ
  ナガバサンショウソウ
 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】