ネコノメソウの仲間(基本編)

Group Chrysosplenium Basic

撮れたてドットコムのホームページへ


本州中部に多い基本的なネコノメソウの仲間。萼裂片の開く角度(平開、斜開、直立)、雄しべの数、葯の色、茎葉のつき方(互生、対生)などが主なポイントになる。また、根生葉の有無、柄があるかどうかなども重要なポイント。


ヤマネコノメソウ
Chrysosplenium japonicum

ネコノメソウ
Chrysosplenium grayanum

イワボタン
Chrysosplenium macrostemon

ボタンネコノメソウ
Chrysosplenium fauriei var. kiotense

コガネネコノメソウ
Chrysosplenium pilosum var. sphaerospermum

ハナネコノメ
Chrysosplenium album var. stamineum


花序

ヤマネコノメソウ詳細画面へ

ネコノメソウ詳細画面へ

イワボタン詳細画面へ

ボタンネコノメソウ詳細画面へ

コガネネコノメソウ詳細画面へ

花序

花序同志はやや接してつく。花序の下の茎葉は卵形〜楕円形。
花序同志はやや接してつく。花序の下の茎葉は卵形〜楕円形。
花序同志はやや離れ気味につく。花序の下の茎葉は、長楕円形。
花序同志はやや離れ気味につく。花序の下の茎葉は、長楕円形。
葉が黄色を帯びることが少なく、萼裂片とはっきり色がちがう。
萼裂片が大きく目立つので、花らしく見える。


ヤマネコノメソウ詳細画面へ

ネコノメソウ詳細画面へ

イワボタン詳細画面へ

ボタンネコノメソウ詳細画面へ

コガネネコノメソウ詳細画面へ

ハナネコノメ詳細画面へ


萼裂片
黄緑色。平開する。先はややとがる。
黄緑色〜黄色。直立する。先は鈍形。
緑色〜黄緑色で直立〜斜開する。先は鈍形。
赤紫褐色〜褐色で閉じ気味に直立する。先は鈍形。
大きくて鮮やかな黄色。先は方形で直立する。
白色で大きく、先がややとがる。
萼裂片
雄しべ
普通8個。萼より短い。
4個。萼より短い。
普通8個。萼と同じかやや長い。
普通8個。萼より短い。
普通8個。萼より短い。
普通8個。萼より長い。
雄しべ

黄色。
黄色。
黄色。
暗紅紫色。
黄色。
赤色。

葉のつき方

ヤマネコノメソウ詳細画面へ

ネコノメソウ詳細画面へ

イワボタン詳細画面へ

ボタンネコノメソウ詳細画面へ

コガネネコノメソウ詳細画面へ

ハナネコノメ詳細画面へ

葉のつき方

互生。
対生。
対生。
対生。
対生。
対生。

分布
北海道西南部から九州。山の半陰地。
北海道、本州。山の湿地や水田の周辺など。ヤマネコノメソウより、より湿ったところを好む。
本州(関東以西)〜九州。主に太平洋側。山の湿り気のある半陰地。
本州(岐阜県以西)主に日本海側。山の湿り気のある半陰地。
本州(関東以西)〜九州。主に太平洋側。落葉樹林の湿り気のある半陰地。
本州(福島県〜京都府)。山の湿り気のある半陰地。
分布
同定のポイント
この属では最も分布が広く、個体数も多い。ネコノメソウに似ているが、葉が互生するのが大きな特徴。この特徴を持つものは、ツルネコノメソウなど数種があるだけ。
ヤマネコノメソウに似ているが、葉が対生するほか、雄しべが4個なのもいい特徴。多くの近縁種は普通8個。
茎葉が細長くなるグループ。変種も多く見分けはやっかいだが、萼裂片が黄緑色で葯が黄色なら、本種かその変種と見ていい。花時に根生葉があることもポイントのひとつ。
茎葉が細長くなるグループ。萼裂片が赤紫褐色〜褐色で閉じ気味に直立するのが大きな特徴。
萼が黄色で大きく直立し、周辺の苞とはっきり色がちがうのがポイント。
白い花を咲かせるネコノメソウは、本種と母種のシロバナネコノメソウだけ。
同定のポイント

ヤマネコノメソウ
Chrysosplenium japonicum

ネコノメソウ
Chrysosplenium grayanum

イワボタン
Chrysosplenium macrostemon

ボタンネコノメソウ
Chrysosplenium fauriei var. kiotense

コガネネコノメソウ
Chrysosplenium pilosum var. sphaerospermum

ハナネコノメ
Chrysosplenium album var. stamineum


ネコノメソウの仲間(完全編)へ

Copyright (C) 2001-2004 / MASASHI IGARI / All Rights Reserved. Last update = 3.Feb.2008
【もう一度検索】