イワウチワ

Shortia uniflora var. orbicularis
イワウメ科 イワウチワ属

植物図鑑のトップページへ


イワウチワ 拡大画面へ

イワウチワは,山地の半陰地の岩場に生える多年草。
広義のイワウチワは3つの変種にわけられるが,本変種は北陸から近畿地方に分布するもので,葉の基部が円形〜くさび形,時にわずかに心形になるもの。東北の太平洋側から関東地方に生えるコイワウチワは,葉の基部が深く心形になり,葉の長さより幅が広い点で識別されている。
広義のイワウチワは3種の変種にわけるのが以前から変わらないが,Flora of Japan IIIa-1では従来の説に少し修正が加わり,すっきりした分類になっているので,本サイトもそれに従っている。
学名に変更はないが,各変種の認識に多少の修正がある。ともなってどの和名をあてるかに変更があるので注意が必要。
以下に簡略化した検索表を示す。
A:葉の基部は心形
/B:葉は大きく長さと幅がほぼ同じ・・・オオイワウチワ
/B:葉は小さく長さより幅が広い・・・コイワウチワ
A:葉の基部は円形〜くさび形,時にわずかに心形・・・イワウチワ

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


イワウチワ 1996年5月11日 三重県藤原岳

【漢字名】岩団扇 【別名】トクワカソウ
【花期】4〜5月 【分布】本州(関東,中部,近畿,中国) 【草丈】足首以下〜足首
【環境】山地・低山,森林・林縁,岩場・礫地


もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

イワウチワの変異VARIATION

HELP

イワウチワ 葉の基部がくさび形の典型的群落 1994年4月26日 福井県敦賀半島

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのイワウチワ属
オオイワウチワ  コイワウチワ 
このほかのイワウメ科
イワカガミ  オオイワカガミ  イワウメ  ヤマイワカガミ  ヤクシマヒメイワカガミ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】