オオイワウチワ

Shortia uniflora
イワウメ科 イワウチワ属

植物図鑑のトップページへ


オオイワウチワ 拡大画面へ

オオイワウチワは,イワウチワの基準変種で秋田県から新潟県にかけての日本海側の山地に生えるもの。
葉が大きく直径3-8cm。縦横比はほぼ同じで基部は心形になる。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


オオイワウチワ 1998年5月1日 新潟県粟ヶ岳

【漢字名】大岩団扇
【花期】4〜5月 【分布】本州(東北,関東) 【草丈】足首以下〜足首
【環境】山地・低山,森林・林縁,岩場・礫地


もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのイワウチワ属
コイワウチワ  イワウチワ 
このほかのイワウメ科
イワカガミ  オオイワカガミ  イワウメ  ヤマイワカガミ  ヤクシマヒメイワカガミ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】