イブキゼリモドキ

Ligusticum holopetalum
セリ科 マルバトウキ属

植物図鑑のトップページへ


イブキゼリモドキ 拡大画面へ

イブキゼリモドキは,山地から亜高山帯に生える多年草。日本海側に多いが伊吹山には自生がないので注意が必要。
本種のようなひょろりとした花のまばらなセリ科はそっくりなものがいくつかあり,識別が難しい。
まず,ミヤマセンキュウは小総苞片が長く数が多いのでよく目立つ。本種にも小総苞片はあるが数が少なくあまり目立たない。また,ミヤマセンキュウの分果は扁平だが,本種の分果は筒形に近い。
エゾボウフウもよく似ているが,総苞片,小総苞片ともにないか,あっても総苞片が1個。イブキゼリモドキは複数の総苞片と小総苞片がある。
シラネニンジンは,より日当たりのよい湿り気のある湿地に生え,茎に葉がほとんどつかず,茎が花茎状。イブキゼリモドキの葉は多くは茎葉。
なお,イブキゼリモドキの学名はTilingia holopetalaが使われるていることが多いが,本サイトではYamazaki2001に従ってマルバトウキ属に入れてある。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


イブキゼリモドキ 1997年8月8日 北アルプス朝日岳

【漢字名】伊吹芹擬
【花期】7〜10月 【分布】北海道・本州(東北,関東,中部) 【草丈】ひざ〜腰
【環境】山地・低山,高山・亜高山,森林・林縁


もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのマルバトウキ属
シラネニンジン 
このほかのセリ科
シャク  ツボクサ  セリ  ヤブジラミ  オヤブジラミ  ノダケ  ハマウド  シラネセンキュウ  シシウド  セントウソウ  ハマゼリ  ミツバ  ノラニンジン  ハマボウフウ  オオチドメ  ヤブニンジン  ヤマゼリ  ウマノミツバ  カノツメソウ  アマニュウ  オオバセンキュウ  エゾニュウ  マツバゼリ  ホタルサイコ  ドクゼリ  エゾノシシウド  ミヤマゼンコ  ミヤマセンキュウ  オオハナウド  ハナウド  オオバチドメ  ヒメチドメ  ボタンボウフウ  カワラボウフウ  オオカサモチ  イワセントウソウ  イブキボウフウ  ハマイブキボウフウ  ムカゴニンジン  エゾボウフウ  ミヤマトウキ  ヒメノダケ  イワニンジン  コガネサイコ  ミシマサイコ  セリモドキ  タカネイブキボウフウ  タニミツバ  ヌマゼリ  ミヤマウイキョウ  イヌニンジン  エキサイゼリ  レブンサイコ  シムラニンジン  ヒメウマノミツバ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】