ミゾソバ

Persicaria thunbergii
タデ科 イヌタデ属

植物図鑑のトップページへ


ミゾソバ 拡大画面へ

ミゾソバは山地や里山の水辺に普通に見られる一年草。似た種類は多いが,多くの地域ではミゾソバがもっとも普通に見られる。
花は紅紫色,または白色でコンペイトウのような花序を作る。葉は牛の顔をさかさまにしたようなほこ形で,左右対称の紫色の斑が入ることがある。
次に普通に見られるのは,ママコノシリヌグイだが,これは茎の刺が鋭く,葉は三角形。ミゾソバは刺があるが微細で,葉はほこ形。
イシミカワは,花は淡黄緑色で,葉は三角形。藍色の果実が目立つ。サデクサは,葉の形が細長いほこ形なので見わけがつく。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


ミゾソバ 1998年9月29日 愛知県津具村

【漢字名】溝蕎麦 【別名】ウシノヒタイ
【花期】7〜11月 【分布】北海道・本州・四国・九州 【草丈】足首〜ひざ
【環境】人里・田畑,山地・低山,河原・渓流,原野・草原,湿地・池沼

ミゾソバ 詳細画面へ ミゾソバ 詳細画面へ ミゾソバ 詳細画面へ ミゾソバ 詳細画面へ ミゾソバ 詳細画面へ ミゾソバ 詳細画面へ ミゾソバ 詳細画面へ
ミゾソバ 花序(愛知県鳳来町) ミゾソバ 花(愛知県鳳来町) ミゾソバ 花側面(愛知県鳳来町)(愛知県鳳来町) ミゾソバ 葉は牛の顔をさかさまにしたようなほこ形(愛知県鳳来町) ミゾソバ 葉表(愛知県鳳来町) ミゾソバ 葉裏(愛知県鳳来町) ミゾソバ 托葉鞘は上部が葉状に広がるものもある(愛知県鳳来町)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのイヌタデ属
オオイヌタデ  イヌタデ  イシミカワ  ハナタデ  ママコノシリヌグイ  アキノウナギツカミ  オオケタデ  サクラタデ  ヤナギタデ  シロバナサクラタデ  タニソバ  ボントクタデ  ツルソバ  ミヤマタニソバ  ナガバノヤノネグサ  ナガバノウナギツカミ  サデクサ 
このほかのタデ科
ミズヒキ  イタドリ  スイバ  ヒメスイバ  アレチギシギシ  ギシギシ  ミチヤナギ  オオイタドリ  イブキトラノオ  クリンユキフデ  ハルトラノオ  ムカゴトラノオ  ノダイオウ  コギシギシ  ウラジロタデ  オンタデ  シャクチリソバ  ツルタデ  ジンヨウスイバ  ツルドクダミ  タカネスイバ  ナンブトラノオ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】