サデクサ【植物検索・撮れたてドットコム】

サデクサ

Persicaria maackiana
イヌタデ属
ENG=タデ科 Polygonaceae
APG=タデ科 Polygonaceae

植物検索のトップページへ


サデクサ 拡大画面へ

サデクサは,ミゾソバに似ているが,ごく普通に見られるミゾソバに対して,やや稀な一年草。
花は花時には白色だが果実期には赤くなる。
ミゾソバとの識別ポイントは葉の形。双方ともほこ形ではあるが,サデクサの方顕著に細長い。また,茎の刺はミゾソバより鋭く,ママコノシリヌグイと同じように,茎を伸ばして半ばつる状になっていることもある。
ママコノシリヌグイとは葉の形がちがうので識別できる。ママコノシリヌグイでは三角形だが,サデクサの葉は細長いほこ形。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


サデクサ 果実期。花は花時には白い 2002年10月29日 宮崎県東臼杵郡北川町 alt.=15m

【別名】ミゾサデクサ
【花期】7〜10月 【分布】本州・四国・九州 【草丈】すね〜目
【環境】人里・田畑,河原・渓流,原野・草原,湿地・池沼


サデクサ 詳細画面へ サデクサ 詳細画面へ サデクサ 詳細画面へ サデクサ 詳細画面へ サデクサ 詳細画面へ サデクサ 詳細画面へ サデクサ 詳細画面へ
サデクサ 頭花。すでに果実になっている。花時には萼は白い(宮崎県東臼杵郡北川町) サデクサ 花柄には腺毛と刺状の毛が生える(宮崎県東臼杵郡北川町) サデクサ 托葉鞘の上部は葉状に開き歯車のような鋸歯がある。裂片の先は糸状になる(宮崎県東臼杵郡北川町) サデクサ 茎には下向きの刺がある(宮崎県東臼杵郡北川町) サデクサ 葉は基部がほこ形に開く(宮崎県東臼杵郡北川町) サデクサ 葉柄には刺がある(宮崎県東臼杵郡北川町) サデクサ 葉裏の主脈上にも刺がある(宮崎県東臼杵郡北川町)
サデクサ 詳細画面へ サデクサ 詳細画面へ サデクサ 詳細画面へ
サデクサ 葉表(宮崎県東臼杵郡北川町) サデクサ 葉裏。星状毛が密生する(宮崎県東臼杵郡北川町) サデクサ 種子は3稜形。小さなメモリが1mm(宮崎県東臼杵郡北川町)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 


Y listのサデクサ関連ページへ

図鑑jpのサデクサ関連ページへ

サデクサと同じ属の仲間(イヌタデ属)
オオイヌタデ
  イヌタデ
  イシミカワ
  ハナタデ
  ママコノシリヌグイ
  アキノウナギツカミ
  ミゾソバ
  オオケタデ
  サクラタデ
  ヤナギタデ
  シロバナサクラタデ
  タニソバ
  ボントクタデ
  ツルソバ
  ミヤマタニソバ
  ナガバノヤノネグサ
  ナガバノウナギツカミ
 
サデクサと同じ科の仲間(タデ科)
ミズヒキ
  イタドリ
  スイバ
  ヒメスイバ
  アレチギシギシ
  ギシギシ
  ミチヤナギ
  オオイタドリ
  イブキトラノオ
  クリンユキフデ
  ハルトラノオ
  ムカゴトラノオ
  ノダイオウ
  コギシギシ
  ウラジロタデ
  オンタデ
  シャクチリソバ
  ツルタデ
  ジンヨウスイバ
  ツルドクダミ
  タカネスイバ
  ナンブトラノオ
 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】