オドリコソウ

Lamium album var. barbatum
シソ科 オドリコソウ属

植物図鑑のトップページへ


オドリコソウ 拡大画面へ

オドリコソウは,人里や草地の林縁に多い多年草だが,生育する環境は幅広く,山地の林のなかで見られることもある。
花の形を扇子を持って菅笠をかぶった踊り子に見立ててこの名がある。
花の色は淡紅紫色と白色があり,地域によってだいたいどちらかに決まっており,両方が混生することは多くない。
筆者の経験では,九州や四国,そして東北北部などで紅紫色が多く,その他の地域では白花をよく見かける。
同じ属で同じ頃に花が咲くものは,ヒメオドリコソウホトケノザがあるが,草丈が足首ぐらいまでとごく小型なので,すね以上になるオドリコソウとは簡単に見分けがつく。
オドリコソウを撮る
いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


オドリコソウ 2008年4月2日 愛知県豊橋市

【漢字名】踊子草
【花期】3〜7月 【分布】北海道・本州・四国・九州 【草丈】すね〜ひざ
【環境】人里・田畑,原野・草原

オドリコソウ 詳細画面へ オドリコソウ 詳細画面へ オドリコソウ 詳細画面へ オドリコソウ 詳細画面へ オドリコソウ 詳細画面へ オドリコソウ 詳細画面へ
オドリコソウ 花を,笠をかぶって扇子をもった踊り子に見立ててこの名がある(愛知県豊橋市) オドリコソウ 萼は裂片の先が鋭く尖る(愛知県豊橋市) オドリコソウ 茎(愛知県豊橋市) オドリコソウ 葉(愛知県豊橋市) オドリコソウ 葉表(愛知県豊橋市) オドリコソウ 葉裏(愛知県豊橋市)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのオドリコソウ属
ホトケノザ  ヒメオドリコソウ  マネキグサ 
このほかのシソ科
キランソウ  ジュウニヒトエ  カキドオシ  ヒメジソ  クルマバナ  ヤマトウバナ  ウツボグサ  ヒキオコシ  アキチョウジ  キバナアキギリ  オカタツナミソウ  ニシキゴロモ  チシマオドリコソウ  シモバシラ  ヒメシロネ  エゾシロネ  ラショウモンカズラ  ミソガワソウ  レモンエゴマ  カメバヒキオコシ  クロバナヒキオコシ  シソバタツナミソウ  ホナガタツナミソウ  ニガクサ  イブキジャコウソウ  タチキランソウ  ジュウニキランソウ  ヒメキランソウ  ツルカコソウ  ブゾロイバナ  タテヤマウツボグサ  セキヤノアキチョウジ  タカクマヒキオコシ  サンインヒキオコシ  ミヤマタムラソウ  ミゾコウジュ  トウゴクシソバタツナミソウ  ヤマジノタツナミソウ  ヤエヤマスズコウジュ  オチフジ  イガタツナミソウ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】