ホトケノザ

Lamium amplexicaule
シソ科 オドリコソウ属

植物図鑑のトップページへ


ホトケノザ 拡大画面へ

ホトケノザは,早春の人里に咲く越年草。
まだ、浅い春のうちにいつの間にか咲きだしたかと思うと、耕作が始まる前の田畑を一面赤紫色に埋めつくしてしまう。秋に芽ばえ、春に花を咲かせて実を結ぶ。この生活史が、里山の生活サイクルとよくかみあっているのだろう。
こういった生活形態の植物を、
越年草と呼ぶが、気をつけて見ていると、秋の深まった頃にもう花を咲かせている気の早いものもある。
よく似た
ヒメオドリコソウは、花が短く葉に半分隠れるように咲くが、ホトケノザの方は、葉の間からすくっと立ち上がるのでまちがえることはない。
もう一種、最近帰化している
モミジバヒメオドリコソウというのがある。こちらは、花はホトケノザによく似ているが、葉の切れ込みが深く先がとがるので識別できる。
和名は、葉の形が、仏像の蓮華座に似ていることからついた名だが、春の七草のホトケノザはキク科の別の種類を指しているといわれている。そちらは、普通、
コオニタビラコという和名が使われる。

ホトケノザを撮る
いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


ホトケノザ 2003年3月24日 愛知県豊橋市 alt.=20m

【漢字名】仏の座 【別名】サンガイグサ
【花期】11〜6月 【分布】本州・四国・九州・沖縄 【草丈】足首以下〜ひざ
【環境】人里・田畑,原野・草原

ホトケノザ 詳細画面へ ホトケノザ 詳細画面へ ホトケノザ 詳細画面へ ホトケノザ 詳細画面へ ホトケノザ 詳細画面へ ホトケノザ 詳細画面へ ホトケノザ 詳細画面へ

ホトケノザ 花正面(愛知県豊橋市) ホトケノザ 花側面(愛知県豊橋市) ホトケノザ つぼみ(愛知県豊橋市) ホトケノザ 上部の茎葉は柄がなくえりまきのようにつく(愛知県豊橋市) ホトケノザ 下部の茎葉は長い柄がある(愛知県豊橋市) ホトケノザ 茎。四角形(愛知県豊橋市) ホトケノザ 萼に包まれた若いつぼみ。毛が多い(愛知県豊橋市)
もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

ホトケノザの変異VARIATION

HELP

ホトケノザ 稀に見られる白花品  2003年3月23日 愛知県豊橋市 alt.=20m

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのオドリコソウ属
ヒメオドリコソウ  オドリコソウ  マネキグサ 
このほかのシソ科
キランソウ  ジュウニヒトエ  カキドオシ  ヒメジソ  クルマバナ  ヤマトウバナ  ウツボグサ  ヒキオコシ  アキチョウジ  キバナアキギリ  オカタツナミソウ  ニシキゴロモ  チシマオドリコソウ  シモバシラ  ヒメシロネ  エゾシロネ  ラショウモンカズラ  ミソガワソウ  レモンエゴマ  カメバヒキオコシ  クロバナヒキオコシ  シソバタツナミソウ  ホナガタツナミソウ  ニガクサ  イブキジャコウソウ  タチキランソウ  ジュウニキランソウ  ヒメキランソウ  ツルカコソウ  ブゾロイバナ  タテヤマウツボグサ  セキヤノアキチョウジ  タカクマヒキオコシ  サンインヒキオコシ  ミヤマタムラソウ  ミゾコウジュ  トウゴクシソバタツナミソウ  ヤマジノタツナミソウ  ヤエヤマスズコウジュ  オチフジ  イガタツナミソウ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】