イワタイゲキ

Euphorbia jolkinii
トウダイグサ科 トウダイグサ属

植物図鑑のトップページへ


イワタイゲキ 拡大画面へ

イワタイゲキは,関東以西の海岸の岩場や礫地に生えるトウダイグサの仲間。
海岸に生えるトウダイグサの仲間としては
ハギクソウがあるが,こちらは稀な種で,砂浜に生え,花を細かく見ると腺体が半月形をしている。本種の腺体は楕円形。ハギクソウの方がずっと小さい。
タカトウダイも海岸の岩場から草地に生えることもあるが,花期は夏になる。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


イワタイゲキ 2003年4月6日 宮崎県日向市 alt.=1m

【漢字名】岩大戟
【花期】3〜4月 【分布】本州(関東,中部,近畿,中国)・四国・九州・沖縄 【草丈】足首〜腰
【環境】岩場・礫地,海岸

イワタイゲキ 詳細画面へ イワタイゲキ 詳細画面へ イワタイゲキ 詳細画面へ イワタイゲキ 詳細画面へ イワタイゲキ 詳細画面へ イワタイゲキ 詳細画面へ イワタイゲキ 詳細画面へ
イワタイゲキ 花序。鮮やかな黄色が目立つ(宮崎県日向市) イワタイゲキ 杯状花序。腺体は楕円形(宮崎県日向市) イワタイゲキ 子房にはいぼ状の突起がある(宮崎県日向市) イワタイゲキ 葉(宮崎県日向市) イワタイゲキ 葉表(宮崎県日向市) イワタイゲキ 葉裏(宮崎県日向市) イワタイゲキ 茎は赤味を帯びることが多い(宮崎県日向市)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのトウダイグサ属
トウダイグサ  ナツトウダイ  タカトウダイ  ノウルシ  マルミノウルシ  ヒメナツトウダイ  ハクサンタイゲキ  ハギクソウ  イブキタイゲキ 
このほかのトウダイグサ科
エノキグサ  オオニシキソウ  コニシキソウ  アカメガシワ  コミカンソウ  ヤマアイ  ヒメミカンソウ  シラキ  ハイニシキソウ  シマニシキソウ  ニシキソウ  キダチコミカンソウ  ナガエコミカンソウ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】