ハギクソウ【植物検索・撮れたてドットコム】

ハギクソウ

Euphorbia octoradiata
トウダイグサ属
ENG=トウダイグサ科 Euphorbiaceae
APG=トウダイグサ科 Euphorbiaceae

植物検索のトップページへ


ハギクソウ 拡大画面へ




植物写真の決定版!出来!!

目から鱗の植物写真術がついに書籍化


ハギクソウ 2000年4月21日 愛知県渥美町 alt.=under50m

【漢字名】葉菊草
【花期】11〜1月 【分布】本州(中部) 【草丈】足首以下〜すね
【環境】海岸


ハギクソウ 詳細画面へ ハギクソウ 詳細画面へ ハギクソウ 詳細画面へ ハギクソウ 詳細画面へ ハギクソウ 詳細画面へ ハギクソウ 詳細画面へ
ハギクソウ 花序全体(愛知県渥美町) ハギクソウ 腺体は半月形で両端が鈍くとがる(愛知県渥美町) ハギクソウ 子房の表面には細かいでこぼこがある(愛知県渥美町) ハギクソウ 茎の最上部につく輪生葉(愛知県渥美町) ハギクソウ 一般の茎葉は細長いへら形(愛知県渥美町) ハギクソウ 地下で展開を待つ冬芽(愛知県渥美町・1月)

ハギクソウ 群落画面へ

ハギクソウ 海岸の草地に,ハマゴウやハマエンドウなどと一緒に生える。自生地はごく少なく,絶滅に瀕している 2000年4月21日 愛知県渥美町 alt.=under50m


ハギクソウ 冬になると輪生する葉が紅葉する様子が名の由来 2000年1月12日 愛知県渥美町
ハギクソウ 花のつかない株 1996年5月28日 愛知県渥美町

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 


Y listのハギクソウ関連ページへ

図鑑jpのハギクソウ関連ページへ

フォトエッセイ(野の花365日のハギクソウより)
現在日本で確実に自生が確認されているのは,渥美半島だけだろう。半島にも数箇所。なかには防風林が成長して生育環境が悪くなっている群落や,資材置き場にされてしまいかけた群落もある。そうでなくとも,海岸に護岸工事のためのブルドーザーが入れば,ものの数時間であとかたもなく消えうせてしまいそうな自生地ばかりである。
中央アジア方面にも同じ種が分布しているといわれている。しかし,果たしてほんとうに同じ種かどうかは未だ研究の余地があるようだ。
ロシアと中国の国境をなすハンカ湖の砂地でも,よく似た植物を見た。種は違うだろうが,生育環境や形態はよく似ていた。自然史のものさしでいえば,そう遠くない過去に共通の祖先を持つ植物かもしれない。
ハギクソウがここに生えているという事実は,私のような素人が少し想いをめぐらせるだけでも,果てしない自然史のメッセージが刻み込まれている。今すぐにそのメッセージを読み解くことはできないとしても,このメッセージを後世に手渡していく義務が,私達にあるのではないだろうか。
20世紀はすでに生物の「大絶滅時代」という汚名を払拭できないかもしれない。すでに人類の繁栄の影響で地球上から姿を消した生物は多い。しかし,次なる時代にこの大絶滅を続けていくとなると,今度は人類そのものの存亡にも重大な影響が及びはしないか。
生物の絶滅は,それまで繁栄していたものに,ある日突然訪れる断崖のようなものである。人類とて他人事ではない気がするのは私ひとりだろうか。

ハギクソウと同じ属の仲間(トウダイグサ属)
トウダイグサ
  ナツトウダイ
  イワタイゲキ
  タカトウダイ
  ノウルシ
  マルミノウルシ
  ヒメナツトウダイ
  ハクサンタイゲキ
  イブキタイゲキ
 
ハギクソウと同じ科の仲間(トウダイグサ科)
エノキグサ
  オオニシキソウ
  コニシキソウ
  アカメガシワ
  コミカンソウ
  ヤマアイ
  ヒメミカンソウ
  シラキ
  ハイニシキソウ
  シマニシキソウ
  ニシキソウ
  キダチコミカンソウ
  ナガエコミカンソウ
 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】