オナガカンアオイ

Heterotropa minamitaniana
ウマノスズクサ科 カンアオイ属

植物図鑑のトップページへ


オナガカンアオイ 拡大画面へ

オナガカンアオイは,宮崎県の一部にだけ稀産する珍品。1970年代まで発見されていなかった。その後,山野草ブームで乱獲され自生地のものは現在絶滅に瀕している。
何よりの特徴は,長いものでは15cmに達する萼裂片の先端だが,その他花の内部構造も複雑でほかに似た種類がない。
カンアオイの仲間は,アリに種子散布を頼っているため分布の拡散速度が遅く,地方ごとに隔絶されて独特の形態を発達させたものがあるが,オナガカンアオイはその最たるものといえるだろう。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


オナガカンアオイ 2003年4月12日 宮崎県 alt.=15m

【漢字名】尾長寒葵
【花期】4月 【分布】九州 【草丈】足首以下〜足首
【環境】人里・田畑,山地・低山,森林・林縁

オナガカンアオイ 詳細画面へ オナガカンアオイ 詳細画面へ オナガカンアオイ 詳細画面へ オナガカンアオイ 詳細画面へ オナガカンアオイ 詳細画面へ オナガカンアオイ 詳細画面へ オナガカンアオイ 詳細画面へ
オナガカンアオイ 花正面(宮崎県) オナガカンアオイ 花側面(宮崎県) オナガカンアオイ 花。萼裂片が長く伸びるのが著しい特徴(宮崎県) オナガカンアオイ 萼筒断面。萼筒の基部のくびれは著しく,隆起線は目だって高く,花の内部構造は複雑を極める(宮崎県) オナガカンアオイ 花柱とそれをとりまく雄しべ(宮崎県) オナガカンアオイ 葉。普通斑入りでやや光沢がある(宮崎県) オナガカンアオイ 葉表(宮崎県)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのカンアオイ属
ヒメカンアオイ  ミヤコアオイ  サンヨウアオイ  コシノカンアオイ  スズカカンアオイ  イワタカンアオイ  キンチャクアオイ  マルミノカンアオイ 
このほかのウマノスズクサ科
フタバアオイ  ウスバサイシン  ウマノスズクサ  オオバウマノスズクサ  クロフネサイシン  ケイリンサイシン 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】