カラスウリの仲間

Group Trichosanthes

撮れたてドットコムのホームページへ


カラスウリの仲間は,日本に7種ほどあるが,よく見かけるのは次の3種。花冠裂片の長さや,葉の切れこみ,また昼間花が咲き残るかどうかなどがポイントになる。また,さらに,萼裂片の長さや形,種子の形なども種ごとにちがいがある。


カラスウリ
Trichosanthes cucumeroides

キカラスウリ
Trichosanthes kirilowii var. japonica

モミジカラスウリ
Trichosanthes multiloba



カラスウリ詳細画面へ

キカラスウリ詳細画面へ

モミジカラスウリ詳細画面へ



花冠裂片が長くレース状になる。明るくなる前に閉じてしまい,昼間開いていることはない。
花冠裂片は短い。昼間も開いている。
小型で,花冠裂片はごく短い。昼間も開いている。


カラスウリ詳細画面へ

キカラスウリ詳細画面へ

モミジカラスウリ詳細画面へ



普通3-5浅〜中裂。時に,モミジカラスウリのように,深裂する個体もある。
ほとんど切れ込まないか,3-5浅〜中裂。
深く切れ込む。

液果

カラスウリ詳細画面へ

液果

赤色に熟す。
黄色に熟す。
赤色に熟す。

分布
東北地方南部から,四国,九州。
北海道(奥尻島),本州,四国,九州,奄美大島。
紀伊半島以西,〜九州。
分布
同定のポイント
もっとも普通に見られる。花冠裂片がレース状に長くなる花が特徴。ただし,昼間は咲き残っていない。
カラスウリについでよく見られる。昼間も咲き残っている花は,花冠裂片が短い。
紀伊半島以西にしか見られない。葉が深く裂け,花は小型。
同定のポイント

カラスウリ
Trichosanthes cucumeroides

キカラスウリ
Trichosanthes kirilowii var. japonica

モミジカラスウリ
Trichosanthes multiloba


Copyright (C) 2001-2004 / MASASHI IGARI / All Rights Reserved. Last update = 24.Feb.2003
【もう一度検索】