キバナシュスラン

Anoectochilus formosanus
ラン科 キバナシュスラン属

植物図鑑のトップページへ

INDEX > 単子葉植物 > ラン科 > キバナシュスラン属 > キバナシュスラン

キバナシュスラン 拡大画面へ

キバナシュスランは,八重山諸島の照葉樹林内に生えるめずらしいラン。国外では台湾にも分布するが,属自体も南方系で,八重山諸島のキバナシュスランは属の北限にあたる。
Y字型で櫛の歯状の付属帯のある唇弁は特徴的で,一度ジャングルの中で見たら忘れることはない。
葉は数枚が茎の基部近くに集まってつき,表面は暗緑色で葉脈上に白い斑があり,裏面は赤紫色を帯びる。11-12月頃花が咲く。
発表された時には,黄色の花が咲くと思われていたため,この和名があるが,実際には「黄花」には見えない。


いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


キバナシュスラン 2002年12月16日 沖縄県八重山郡竹富町西表島 alt.=90m

【漢字名】黄花繻子蘭
【花期】11〜12月 【分布】沖縄 【草丈】足首〜すね
【環境】山地・低山,森林・林縁

キバナシュスラン 詳細画面へ キバナシュスラン 詳細画面へ キバナシュスラン 詳細画面へ キバナシュスラン 詳細画面へ キバナシュスラン 詳細画面へ キバナシュスラン 詳細画面へ キバナシュスラン 詳細画面へ

キバナシュスラン 花序はまばら(沖縄県八重山郡竹富町西表島) キバナシュスラン 一度見たら忘れない印象的な花(沖縄県八重山郡竹富町西表島) キバナシュスラン 花側面(沖縄県八重山郡竹富町西表島) キバナシュスラン 花内部(沖縄県八重山郡竹富町西表島) キバナシュスラン 茎につく鱗片葉(沖縄県八重山郡竹富町西表島) キバナシュスラン 葉は茎の根元に集まってつき暗緑色で白い斑が入る(沖縄県八重山郡竹富町西表島) キバナシュスラン 葉の斑が少ない個体(沖縄県八重山郡竹富町西表島)
もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

キバナシュスランの変異VARIATION

HELP

キバナシュスラン 2002年12月16日 沖縄県八重山郡竹富町西表島 alt.=90m

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのキバナシュスラン属
掲載種はありません。
このほかのラン科
ネジバナ  シュンラン  ノビネチドリ  テガタチドリ  コフタバラン  ハクサンチドリ  コケイラン  ミズチドリ  シラン  エビネ  トクサラン  キエビネ  サルメンエビネ  アオチドリ  ツチアケビ  アケボノシュスラン  リュウキュウサギソウ  ニョホウチドリ  ヤマサギソウ  ガッサンチドリ  ホソバノキソチドリ  トキソウ  タイワンエビネ  ヒメホテイラン  サワラン  コウトウシラン 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】