マイヅルテンナンショウ【植物検索・撮れたてドットコム】

マイヅルテンナンショウ

Arisaema heterophyllum
テンナンショウ属
ENG=サトイモ科 Araceae
APG=サトイモ科 Araceae

植物検索のトップページへ

INDEX > 単子葉植物 > サトイモ科 > テンナンショウ属 > マイヅルテンナンショウ

マイヅルテンナンショウ 拡大画面へ

マイヅルテンナンショウは,葉の形が鶴が羽根を広げたところに似ているので,この名がある。湿った草地に生えるテンナンショウ属の仲間。
花序の付属体が長く上に向かって伸びるのが特徴。同じように付属体が長いものにウラシマソウがあるが,ウラシマソウの場合は釣り糸のように垂れるが,マイヅルテンナンショウは直立する。
テンナンショウ属の多くは雌雄異株だが,マイヅルテンナンショウは雄性個体と両性個体しかなく,雌性個体は知られていない。両性個体は花序の下のほうに雌花,上のほうに雄花がつくという。
日本では岩手県から鹿児島県まで分布するが個体数は少なく絶滅に瀕している。

植物写真の決定版!出来!!

目から鱗の植物写真術がついに書籍化


マイヅルテンナンショウ 2003年5月26日 茨城県水海道市 alt.=16m

【漢字名】舞鶴天南星
【花期】5〜6月 【分布】本州(東北,関東,中国)・四国・九州 【草丈】ひざ〜腰
【環境】人里・田畑,河原・渓流,原野・草原,湿地・池沼


マイヅルテンナンショウ 詳細画面へ マイヅルテンナンショウ 詳細画面へ マイヅルテンナンショウ 詳細画面へ マイヅルテンナンショウ 詳細画面へ マイヅルテンナンショウ 詳細画面へ マイヅルテンナンショウ 詳細画面へ マイヅルテンナンショウ 詳細画面へ
マイヅルテンナンショウ 仏炎苞。付属体が長くて上を向いて伸びるのが特徴(茨城県水海道市) マイヅルテンナンショウ 雄花序断面(茨城県水海道市) マイヅルテンナンショウ 雄花(茨城県水海道市) マイヅルテンナンショウ 葉は鶴が羽根をひろげたような形なのでこの名がある(茨城県水海道市) マイヅルテンナンショウ 葉表(茨城県水海道市) マイヅルテンナンショウ 葉裏(茨城県水海道市) マイヅルテンナンショウ 茎(茨城県水海道市)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 


Y listのマイヅルテンナンショウ関連ページへ

図鑑jpのマイヅルテンナンショウ関連ページへ

マイヅルテンナンショウと同じ属の仲間(テンナンショウ属)
マムシグサ
  ヒロハテンナンショウ
  オオマムシグサ
  ウラシマソウ
  ミミガタテンナンショウ
  ムサシアブミ
  ヒトヨシテンナンショウ
  ユキモチソウ
  ミツバテンナンショウ
  スルガテンナンショウ
 
マイヅルテンナンショウと同じ科の仲間(サトイモ科)
クワズイモ
  ミズバショウ
  ザゼンソウ
  カミコウチテンナンショウ
 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】