ウラシマソウ

Arisaema thunbergii ssp. urashima
サトイモ科 テンナンショウ属

植物図鑑のトップページへ


ウラシマソウ 拡大画面へ

ウラシマソウは,人里から低山地帯の林に生えるテンナンショウ属の多年草。特に海岸に近い林で見かけることが多い。
肉穂花序の付属体が糸状に長く伸びるのが特徴。この様子から浦島太郎の釣糸を連想し,この和名がある。
仏炎苞は紫褐色で葉より下につく。
九州や山口県に分布するヒメウラシマソウは,仏炎苞の内面にT字形の紋が目立つ。亜種のナンゴクウラシマソウは,付属体下部に横しわがあり突起が出ることもある。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


ウラシマソウ 2014年5月5日 千葉県佐倉市

【漢字名】浦島草
【花期】3〜5月 【分布】北海道・本州・四国・九州 【草丈】すね〜ひざ
【環境】人里・田畑,山地・低山,森林・林縁,海岸

ウラシマソウ 詳細画面へ ウラシマソウ 詳細画面へ ウラシマソウ 詳細画面へ ウラシマソウ 詳細画面へ ウラシマソウ 詳細画面へ ウラシマソウ 詳細画面へ ウラシマソウ 詳細画面へ

ウラシマソウ 付属体が釣り糸を思わせるように長い(宮城県女川町) ウラシマソウ 雄花序断面(宮城県女川町) ウラシマソウ 雄花(宮城県女川町) ウラシマソウ 雌花序断面(宮城県女川町) ウラシマソウ 雌花(宮城県女川町) ウラシマソウ 付属体の基部が平滑なのが、よく似たナンゴクウラシマソウとのちがい(宮城県女川町) ウラシマソウ 雌花序の仏炎苞の接合部には虫がやっと出られる隙間がある(宮城県女川町)
もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

ウラシマソウの変異VARIATION

HELP

ウラシマソウ 2001年4月8日 静岡県駿東郡清水町
ウラシマソウ 2015年5月3日 宮城県女川町

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのテンナンショウ属
ヒロハテンナンショウ  オオマムシグサ  ミミガタテンナンショウ  ムサシアブミ  ヒトヨシテンナンショウ  ユキモチソウ  ミツバテンナンショウ  スルガテンナンショウ  マイヅルテンナンショウ 
このほかのサトイモ科
クワズイモ  ミズバショウ  ザゼンソウ  カミコウチテンナンショウ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】