カキツバタ

Iris laevigata
アヤメ科 アヤメ属

植物図鑑のトップページへ

INDEX > 単子葉植物 > アヤメ科 > アヤメ属 > カキツバタ

カキツバタ 拡大画面へ

カキツバタは,アヤメの仲間ではもっとも湿地を好むもので,高原の湿原に多いが本州の低地にも自生地がある。
「いずれがアヤメかカキツバタ」といわれるが,アヤメやヒオウギアヤメとは,外花被片に網目がないことで簡単に識別できる。
むしろ,ハナショウブとの識別の方が問題になる。ノハナショウブは,普通外花被片の紋が黄色だが,カキツバタは白色。しかし,個体や花の鮮度によって紋の白くなるノハナショウブもある。そういうときは,葉の中脈を見て隆起していればノハナショウブ,平坦ならカキツバタである。カキツバタの方が花期がやや早く,花の色は青っぽいことが多い。
和名の由来には諸説があり,そのうち「書き付け花」がなまったという説が有力で,それに従うと「杜若」の漢字は誤りということになるが,あえて親しまれているこの漢字を当てた。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


カキツバタ 2003年6月12日 福井県大野市 alt.=597m

【漢字名】杜若
【花期】511〜7月12月 【分布】北海道・本州・四国・九州 【草丈】ひざ〜腰
【環境】人里・田畑,山地・低山,湿地・池沼

カキツバタ 詳細画面へ カキツバタ 詳細画面へ カキツバタ 詳細画面へ
カキツバタ 外花被片。網目模様はなく紋は白い(福井県大野市) カキツバタ 葉表。隆起はなく平坦(福井県大野市) カキツバタ 葉裏(福井県大野市)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのアヤメ属
アヤメ  ノハナショウブ  ヒメシャガ 
このほかのアヤメ科
オオニワゼキショウ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】