アマナ

Amana edulis
ユリ科 アマナ属

植物図鑑のトップページへ


アマナ 拡大画面へ

アマナは,早春の草地などに生える多年草。河川敷や田の土手など日当たりのよい湿り気の十分なところを好む。
和名は甘菜で,食用にされてきた歴史を示唆するが,現在では食べるほど個体数のあるところはごく少ない。
チューリップと同じように2枚の葉を根元からひろげ,その中央から花茎を立てる。分類上もチューリップ属(Tulipa)に入れる説もある。いわば和製チューリップである。
よく似た種類には,西日本にやや稀に生えるヒロハノアマナがある。こちらは,葉の中央に明確な線が入るので簡単に識別できる。
やや標高の高いところにはホソバノアマナがあるが,こちらは繊細な感じで,葉が糸のように細い。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


アマナ 2003年4月3日 茨城県水海道市 alt.=10m

【漢字名】甘菜
【花期】3〜4月 【分布】本州・四国・九州 【草丈】足首以下〜足首
【環境】人里・田畑,原野・草原

アマナ 詳細画面へ アマナ 詳細画面へ アマナ 詳細画面へ アマナ 詳細画面へ アマナ 詳細画面へ アマナ 詳細画面へ アマナ 詳細画面へ
アマナ 花正面(茨城県水海道市) アマナ 花側面(茨城県水海道市) アマナ 花被片(茨城県水海道市) アマナ 葉はわずかに白っぽく,中央には条がない(茨城県水海道市) アマナ 苞(茨城県水海道市) アマナ 花茎(茨城県水海道市) アマナ 葉表(茨城県水海道市)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのアマナ属
掲載種はありません。
このほかのユリ科
ヤブカンゾウ  タカサゴユリ  ヤブラン  ムスカリ  ジャノヒゲ  ツルボ  サルトリイバラ  ホウチャクソウ  チゴユリ  ショウジョウバカマ  ノカンゾウ  ウバユリ  オオウバユリ  オニユリ  オオバジャノヒゲ  ヤマホトトギス  エンレイソウ  ネバリノギラン  アサツキ  ヤマラッキョウ  ギョウジャニンニク  シライトソウ  カタクリ  キバナノアマナ  ツクシショウジョウバカマ  エゾキスゲ  ニッコウキスゲ  コバギボウシ  ヤマユリ  ササユリ  コオニユリ  エゾスカシユリ  マイヅルソウ  キンコウカ  クルマバツクバネソウ  ヒメイズイ  オオバタケシマラン  タケシマラン  ヤマジノホトトギス  タマガワホトトギス  オオバナノエンレイソウ  ミヤマエンレイソウ  アオヤギソウ  シュロソウ  ヒメニラ  オオチゴユリ  ホソバナコバイモ  クロユリ  ミノコバイモ  アワコバイモ  コシノコバイモ  トサコバイモ  イワギボウシ  ミズギボウシ  テッポウユリ  クルマユリ  ヤマトユキザサ  ヒロハユキザサ  イワショウブ  チャボホトトギス  ヒメエゾネギ  イズモコバイモ  ヒメアマナ  ヒメショウジョウバカマ  オゼソウ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】