アゼトウナ

Crepidiastrum keiskeanum
キク科 アゼトウナ属

植物図鑑のトップページへ


アゼトウナ 拡大画面へ

アゼトウナは,暖かい地方の海岸に岩場に生える多年草。
よく似たホソバワダンとは,地域的にすみわけている。アゼトウナは主に太平洋側に多く,ホソバワダンは日本海側から東シナ海に面した海岸に多い。
ホソバワダンとの識別ポイントは,枝の下部の葉を見て茎を抱いていないこと。ホソバワダンでは基部が深く茎を抱く。
いずれも,晩秋から初冬の海岸を彩るシーズン最後の野草である。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


アゼトウナ 2011年11月28日 高知県大月町

【漢字名】畦唐菜
【花期】8〜12月 【分布】本州(関東,中部,近畿)・四国・九州 【草丈】足首以下〜すね
【環境】岩場・礫地,海岸


もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

アゼトウナの変異VARIATION

HELP

アゼトウナ 高知県土佐清水町

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのアゼトウナ属
ホソバワダン  ワダン 
このほかのキク科
オオブタクサ  フランスギク  ノアザミ  モトタカサブロウ  ハルジオン  ヒヨドリバナ  ハハコグサ  チチコグサ  ブタナ  オオジシバリ  ニガナ  イワニガナ  アキノノゲシ  フキ  コウゾリナ  コメナモミ  メナモミ  アキノキリンソウ  オニノゲシ  ノゲシ  ヒメジョオン  アカミタンポポ  ヤクシソウ  オニタビラコ  セイヨウノコギリソウ  ノブキ  キッコウハグマ  ヤマハハコ  オオヨモギ  シロヨメナ  ゴマナ  シラヤマギク  アワユキセンダングサ  ナンブアザミ  サワヒヨドリ  ツワブキ  イヌキクイモ  ユウガギク  コオニタビラコ  センボンヤリ  ナガバノコウヤボウキ  アキタブキ  オカオグルマ  サワギク  サワオグルマ  ハチジョウナ  オヤマボクチ  カンサイタンポポ  ヒロハタンポポ  ヌマダイコン  オクモミジハグマ  タカネヤハズハハコ  ハマオトコヨモギ  タカネヨモギ  センボンギク  タマブキ  イヌドウナ  ミヤマヤブタバコ  ダキバヒメアザミ  ヒメアザミ  アズマヤマアザミ  トネアザミ  ノハラアザミ  キセルアザミ  ヤマアザミ  ツクシアザミ  サワアザミ  コハマギク  シマカンギク  リュウノウギク  アズマギク  ヨツバヒヨドリ  ヤマジノギク  ハマベノギク  ミズギク  オオユウガギク  マルバダケブキ  オタカラコウ  トウゲブキ  メタカラコウ  ミヤマヨメナ  クルマバハグマ  カシワバハグマ  フクオウソウ  ホクチアザミ  ハンゴンソウ  コウリンカ  キオン  セイヨウタンポポ  カントウタンポポ  ネコノシタ  イガオナモミ  キタノコギリソウ  オキナワテイショウソウ  ヤハズハハコ  トダイハハコ  チョウジギク  ウサギギク  オニオトコヨモギ  ヒトツバヨモギ  シロヨモギ  サツマシロギク  タマバシロヨメナ  ハマコンギク  シコクシロギク  タテヤマギク  オオホウキギク  ヒメシオン  ネバリノギク  ユウゼンギク  ダルマギク  シオン  ハコネギク  ツクシコウモリソウ  ダイニチアザミ  ハナマキアザミ  ヤナギアザミ  ワタムキアザミ  ウスバアザミ  モクビャクコウ  アワコガネギク  サンインギク  アシズリノジギク  イソギク  クサヤツデ  エゾムカシヨモギ  ヒマワリヒヨドリ  タイワンヒヨドリ  カンツワブキ  リュウキュウツワブキ  ソナレノギク  コウリンタンポポ  ミヤマコウゾリナ  キバナコウリンタンポポ  オゼミズギク  ホソバオグルマ  タカサゴソウ  ミヤマイワニガナ  オオバヨメナ  チョウセンヤマニガナ  ウスユキソウ  ハンカイソウ  シュンジュギク  イソノギク  ハマギク  オヤリハグマ  カンチコウゾリナ  オオニガナ  ミヤコアザミ  クロトウヒレン  センダイトウヒレン  ヒメヒゴタイ  ヤハズヒゴタイ  タイキンギク  ヌマツルギク  フシザキソウ  ハチミツソウ  ミヤマタンポポ  オクウスギタンポポ  エゾノチチコグサ  テリハノギク  オキナワギク  オッタチカンギク  ハナイソギク  ヒゴタイ  シオザキソウ  コケタンポポ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】