ジュウニヒトエ

Ajuga nipponensis
シソ科 キランソウ属

植物図鑑のトップページへ


ジュウニヒトエ 拡大画面へ

ジュウニヒトエは,明るい二次林などに多い多年草。花が重なって咲く様子を古代の女官の装束に見立てたのが和名の由来。
よく似たものにツクバキンモンソウやニシキゴロモがあるが,毛はあっても密ではなく花序は塊状になり立ち上がらない。
形の似たものに,ヒイラギソウやカイジンドウがあるが,両者とも花は濃紫色。
ジュウニヒトエとキランソウとの間の種間雑種が,ジュウニキランソウで,比較的よく見かける。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


ジュウニヒトエ 2003年4月18日 広島県比婆郡東城町 alt.=380m

【漢字名】十二単
【花期】4〜5月 【分布】本州・四国 【草丈】足首〜すね
【環境】山地・低山,森林・林縁

ジュウニヒトエ 詳細画面へ ジュウニヒトエ 詳細画面へ ジュウニヒトエ 詳細画面へ ジュウニヒトエ 詳細画面へ ジュウニヒトエ 詳細画面へ ジュウニヒトエ 詳細画面へ
ジュウニヒトエ 花。白色で上唇の裂片は短い(広島県比婆郡東城町) ジュウニヒトエ 花側面(広島県比婆郡東城町) ジュウニヒトエ 茎。長くてやわらかい毛がふさふさしている(広島県比婆郡東城町) ジュウニヒトエ 葉(広島県比婆郡東城町) ジュウニヒトエ 葉表(広島県比婆郡東城町) ジュウニヒトエ 葉裏。毛が多い(広島県比婆郡東城町)(広島県比婆郡東城町)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのキランソウ属
キランソウ  ニシキゴロモ  タチキランソウ  ジュウニキランソウ  ヒメキランソウ  ツルカコソウ 
このほかのシソ科
カキドオシ  ホトケノザ  ヒメオドリコソウ  ヒメジソ  クルマバナ  ヤマトウバナ  オドリコソウ  ウツボグサ  ヒキオコシ  アキチョウジ  キバナアキギリ  オカタツナミソウ  チシマオドリコソウ  シモバシラ  ヒメシロネ  エゾシロネ  ラショウモンカズラ  ミソガワソウ  レモンエゴマ  カメバヒキオコシ  クロバナヒキオコシ  シソバタツナミソウ  ホナガタツナミソウ  ニガクサ  イブキジャコウソウ  ブゾロイバナ  マネキグサ  タテヤマウツボグサ  セキヤノアキチョウジ  タカクマヒキオコシ  サンインヒキオコシ  ミヤマタムラソウ  ミゾコウジュ  トウゴクシソバタツナミソウ  ヤマジノタツナミソウ  ヤエヤマスズコウジュ  オチフジ  イガタツナミソウ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】