ジュウニキランソウ

Ajuga ×mixta
シソ科 キランソウ属

植物図鑑のトップページへ

INDEX > 双子葉植物合弁花類 > シソ科 > キランソウ属 > ジュウニキランソウ

ジュウニキランソウ 拡大画面へ

ジュウニキランソウは,ジュウニヒトエキランソウの種間雑種。比較的出現頻度は高く,各地で見かける。
花は両種の中間的な淡紫色であることが多く,キランソウのように茎を四方に伸ばし,ジュウニヒトエのように花序が少し立ち上がるものが多い。
別種のタチキランソウに全体の形が似ることもあるが,タチキランソウは花冠の上唇が大きくて深く切れ込むので識別できる。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


ジュウニキランソウ 2003年4月18日 広島県比婆郡東城町 alt.=380m

【漢字名】十二金瘡小草
【花期】4〜5月 【分布】本州(関東,中部,近畿,中国)・四国 【草丈】足首以下〜すね
【環境】山地・低山,森林・林縁

ジュウニキランソウ 詳細画面へ ジュウニキランソウ 詳細画面へ ジュウニキランソウ 詳細画面へ ジュウニキランソウ 詳細画面へ ジュウニキランソウ 詳細画面へ ジュウニキランソウ 詳細画面へ
ジュウニキランソウ 花正面。キランソウとジュウニヒトエの中間的な淡紫色(広島県比婆郡東城町) ジュウニキランソウ 花側面(広島県比婆郡東城町) ジュウニキランソウ 茎。ジュウニヒトエに比べると毛の量は少ない(広島県比婆郡東城町) ジュウニキランソウ 葉(広島県比婆郡東城町) ジュウニキランソウ 葉表。両面とも毛が多い(広島県比婆郡東城町) ジュウニキランソウ 葉裏(広島県比婆郡東城町)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのキランソウ属
キランソウ  ジュウニヒトエ  ニシキゴロモ  タチキランソウ  ヒメキランソウ  ツルカコソウ 
このほかのシソ科
カキドオシ  ホトケノザ  ヒメオドリコソウ  ヒメジソ  クルマバナ  ヤマトウバナ  オドリコソウ  ウツボグサ  ヒキオコシ  アキチョウジ  キバナアキギリ  オカタツナミソウ  チシマオドリコソウ  シモバシラ  ヒメシロネ  エゾシロネ  ラショウモンカズラ  ミソガワソウ  レモンエゴマ  カメバヒキオコシ  クロバナヒキオコシ  シソバタツナミソウ  ホナガタツナミソウ  ニガクサ  イブキジャコウソウ  ブゾロイバナ  マネキグサ  タテヤマウツボグサ  セキヤノアキチョウジ  タカクマヒキオコシ  サンインヒキオコシ  ミヤマタムラソウ  ミゾコウジュ  トウゴクシソバタツナミソウ  ヤマジノタツナミソウ  ヤエヤマスズコウジュ  オチフジ  イガタツナミソウ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】