ミヤマムラサキ【植物検索・撮れたてドットコム】

ミヤマムラサキ

Eritrichium nipponicum
ミヤマムラサキ属
ENG=ムラサキ科 Boraginaceae
APG=ムラサキ科 Boraginaceae

植物検索のトップページへ


ミヤマムラサキ 拡大画面へ

ミヤマムラサキは,高山の岩礫地に生える多年草。
高山帯でワスレナグサに似た花を見かけたら,まずミヤマムラサキでまちがいないだろう。ミヤマムラサキはムラサキ科の中でももっとも厳しい環境に生えるもので,垂直の岩の隙間に根を下ろしている光景も目にすることがある。
よく似た花はいくつかあるが,どれも生育環境に特徴がある。ワスレナグサはヨーロッパ原産で低地の水田周辺などに帰化している。ヤマルリソウは,低山地の林の中に生える。エゾムラサキは,落葉樹林の林縁に生え,草丈が人のひざほどになる。


植物写真の決定版!出来!!

目から鱗の植物写真術がついに書籍化


ミヤマムラサキ 2003年6月27日 北アルプス白馬岳 alt.=2662m

【漢字名】深山紫
【花期】6〜8月 【分布】北海道・本州(東北,関東,中部) 【草丈】足首以下〜足首
【環境】高山・亜高山,岩場・礫地


ミヤマムラサキ 詳細画面へ ミヤマムラサキ 詳細画面へ ミヤマムラサキ 詳細画面へ ミヤマムラサキ 詳細画面へ ミヤマムラサキ 詳細画面へ ミヤマムラサキ 詳細画面へ ミヤマムラサキ 詳細画面へ
ミヤマムラサキ 花正面(北アルプス白馬岳) ミヤマムラサキ 花側面(北アルプス白馬岳) ミヤマムラサキ 根生葉(北アルプス白馬岳) ミヤマムラサキ 茎葉(北アルプス白馬岳) ミヤマムラサキ 葉表(北アルプス白馬岳) ミヤマムラサキ 葉裏(北アルプス白馬岳) ミヤマムラサキ 茎(北アルプス白馬岳)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 


Y listのミヤマムラサキ関連ページへ

図鑑jpのミヤマムラサキ関連ページへ

ミヤマムラサキと同じ属の仲間(ミヤマムラサキ属)
エゾルリムラサキ
 
ミヤマムラサキと同じ科の仲間(ムラサキ科)
ハナイバナ
  ヤマルリソウ
  キュウリグサ
  ホタルカズラ
  タチカメバソウ
  ハマベンケイソウ
  ミズタビラコ
  エチゴルリソウ
 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】