チョウジソウ【植物検索・撮れたてドットコム】

チョウジソウ

Amsonia elliptica
チョウジソウ属
ENG=キョウチクトウ科 Apocynaceae
APG=キョウチクトウ科 Apocynaceae

植物検索のトップページへ


チョウジソウ 拡大画面へ

チョウジソウは,河川敷など湿り気のある草地に生える多年草。人のひざから腰ほどの高さになり,淡青色の花でゆるい円錐形の花序を作る。
日本には同じ属の植物はなく,見まちがえる心配もあまりない。
生育環境が低地の湿地であることから,自生地は開発にさらされやすく,絶滅が心配されている。

植物写真の決定版!出来!!

目から鱗の植物写真術がついに書籍化


チョウジソウ 2003年5月12日 茨城県水海道市 alt.=14m

【漢字名】丁子草
【花期】5〜6月 【分布】北海道・本州・四国・九州 【草丈】ひざ〜腰
【環境】人里・田畑,河原・渓流,原野・草原,湿地・池沼


チョウジソウ 詳細画面へ チョウジソウ 詳細画面へ チョウジソウ 詳細画面へ チョウジソウ 詳細画面へ チョウジソウ 詳細画面へ チョウジソウ 詳細画面へ チョウジソウ 詳細画面へ
チョウジソウ 花正面(茨城県水海道市) チョウジソウ 花側面(茨城県水海道市) チョウジソウ 花冠中央。毛が生える(茨城県水海道市) チョウジソウ 花冠断面。雄しべと雌しべは花冠の中にある(茨城県水海道市) チョウジソウ 茎(茨城県水海道市) チョウジソウ 葉は長披針形(茨城県水海道市) チョウジソウ 葉表(茨城県水海道市)
チョウジソウ 詳細画面へ
チョウジソウ 葉裏(茨城県水海道市)

チョウジソウ 群落画面へ

チョウジソウ  2003年5月12日 茨城県水海道市 alt.=14m


もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 


Y listのチョウジソウ関連ページへ

図鑑jpのチョウジソウ関連ページへ

フォトエッセイ(野の花365日のチョウジソウより)
開発のターゲットにされやすい環境というのがある。高山や深い森ではなくて,むしろ人間の居住環境に近い河川の氾濫原や海岸などである。そんなところにしか生えることのできない植物は必然的にどんどん数を減らすことになる。
チョウジソウもそんな河川の氾濫原に生える絶滅危惧種のひとつだ。もともとそれほど稀な植物ではなかったということもあり,まだまだ各地で自生を見ることができるが,減少のスピードという点では,かなりのものなのかもしれない。
いずれにしても,環境そのものがなくなるという絶滅スタイルは,歯止めをかけるのにも根本的な取り組みが必要である。

【ひとくちメモ】
チョウジソウが生えるところは,湿り気のある河川敷などだが,アシなど背の高い草が茂りすぎても生きて行けていけない。定期的な河川の氾濫がチョウジソウの住みやすいところを定期的に更新していたと考えられるが,現在のように河川が管理されると,そういった環境が自然に作られることはあまり期待できない。

チョウジソウと同じ属の仲間(チョウジソウ属)
掲載種はありません。
チョウジソウと同じ科の仲間(キョウチクトウ科)
テイカカズラ
 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】