センブリ【植物検索・撮れたてドットコム】

センブリ

Swertia japonica
センブリ属
ENG=リンドウ科 Gentianaceae
APG=リンドウ科 Gentianaceae

植物検索のトップページへ


センブリ 拡大画面へ




植物写真の決定版!出来!!

目から鱗の植物写真術がついに書籍化


センブリ 2002年9月27日 岩手県北上市 alt.=584m

【漢字名】千振
【花期】9〜11月 【分布】本州・四国・九州 【草丈】足首以下〜すね
【環境】人里・田畑,山地・低山,原野・草原,岩場・礫地


センブリ 詳細画面へ センブリ 詳細画面へ センブリ 詳細画面へ センブリ 詳細画面へ センブリ 詳細画面へ センブリ 詳細画面へ センブリ 詳細画面へ
センブリ 花。普通は花冠が5裂する(岩手県北上市) センブリ 花冠が4裂するもの(岩手県北上市) センブリ 花冠外側(岩手県北上市) センブリ 花冠の蜜腺溝に長い毛がある(岩手県北上市) センブリ 葉は線形で対生する(岩手県北上市) センブリ 茎(岩手県北上市) センブリ 葉表(岩手県北上市)
センブリ 詳細画面へ
センブリ 葉裏(岩手県北上市)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 


Y listのセンブリ関連ページへ

図鑑jpのセンブリ関連ページへ

フォトエッセイ(野の花365日のセンブリより)
20代の頃十二指腸潰瘍を患って以来,センブリはお守りのようなものである。どこに行くにも,ひとつつみの乾燥千振をもって行く。
千回振り出してもまだ苦味がでるというので,センブリという名になったということだが,確かにごく少量でもその味は強烈だ。しかし,ほんとうに胃が痛むときには,この強烈な苦味が美味しく感じられるから不思議である。
しかし,残念ながらその薬効のために薬草としての採取が盛んで,野から姿を消しつつある。基本的に一年草なので,種子を散布する前に採取すれば次世代は育たない。
それを思うと安易に千振に頼るわけにはいかない。最近では,ほんとうに胃が痛んだときの最後の切り札としてとっておくことにしている。また,よく効く薬は生薬といえども劇薬の要素があるので,乱用はよくないという話も聞く。

センブリと同じ属の仲間(センブリ属)
アケボノソウ
  ムラサキセンブリ
  ヘツカリンドウ
  チシマセンブリ
  ハッポウタカネセンブリ
 
センブリと同じ科の仲間(リンドウ科)
リンドウ
  フデリンドウ
  ツルリンドウ
  タテヤマリンドウ
  エゾリンドウ
  ハナイカリ
  トウヤクリンドウ
  アサマリンドウ
  ホソバツルリンドウ
  チチブリンドウ
 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】