コケモモ

Vaccinium vitis-idaea
ツツジ科 スノキ属

植物図鑑のトップページへ


コケモモ 拡大画面へ

コケモモは,高山のハイマツ帯の縁などに生える常緑小低木。ヨーロッパでは古くからコケモモの実でジャムが作られている。日本では高山帯に分布が限られるため採集できるところは少ない。
コメバツガザクラに似ているが,コケモモの花冠は先が細くならない。コメバツガザクラの花冠はつぼ状に先が細くなる。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


コケモモ 1994年7月13日 長野県八ケ岳

【漢字名】苔桃
【花期】6〜7月 【分布】北海道・本州・四国・九州 【草丈】足首以下〜足首
【環境】高山・亜高山


もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのスノキ属
ツルコケモモ 
このほかのツツジ科
ネジキ  アセビ  コバノミツバツツジ  ヒメシャクナゲ  コメバツガザクラ  イワヒゲ  サラサドウダン  イワナシ  アカモノ  ハナヒリノキ  ウラジロハナヒリノキ  アオノツガザクラ  ハクサンシャクナゲ  モチツツジ  ゲンカイツツジ  ミヤマホツツジ  チシマツガザクラ  ジムカデ  ミネズオウ  エゾノツガザクラ  エゾツツジ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】