カノツメソウ

Spuriopimpinella calycina
セリ科 カノツメソウ属

植物図鑑のトップページへ


カノツメソウ 拡大画面へ

カノツメソウは,山地の林の中に生える多年草。
全体にほっそりしていて弱々しい感じがする。下部の葉は2回3出複葉。上部の葉は1回3出複葉になる。
同じ頃,同じような場所にヤマゼリが花を咲かせるが,全体にがっしりした感じで花序の数も多くよく分岐する。小葉の形はカノツメソウが披針形で細いのに対して,ヤマゼリは卵形で幅広い。
カノツメソウの方がより日陰に多い。
西日本にはよく似たヒカゲミツバがある。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


カノツメソウ 2001年8月13日 北海道静内郡静内町 alt.=253m

【漢字名】鹿の爪草 【別名】ダケゼリ
【花期】8〜10月 【分布】北海道・本州・四国・九州 【草丈】ひざ〜腰
【環境】山地・低山,森林・林縁


もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのカノツメソウ属
掲載種はありません。
このほかのセリ科
シャク  ツボクサ  セリ  ヤブジラミ  オヤブジラミ  ノダケ  ハマウド  シラネセンキュウ  シシウド  セントウソウ  ハマゼリ  ミツバ  ノラニンジン  ハマボウフウ  オオチドメ  ヤブニンジン  ヤマゼリ  ウマノミツバ  アマニュウ  オオバセンキュウ  エゾニュウ  マツバゼリ  ホタルサイコ  ドクゼリ  エゾノシシウド  ミヤマゼンコ  ミヤマセンキュウ  オオハナウド  ハナウド  オオバチドメ  ヒメチドメ  ボタンボウフウ  カワラボウフウ  オオカサモチ  イワセントウソウ  イブキボウフウ  ハマイブキボウフウ  ムカゴニンジン  シラネニンジン  イブキゼリモドキ  エゾボウフウ  ミヤマトウキ  ヒメノダケ  イワニンジン  コガネサイコ  ミシマサイコ  セリモドキ  タカネイブキボウフウ  タニミツバ  ヌマゼリ  ミヤマウイキョウ  イヌニンジン  エキサイゼリ  レブンサイコ  シムラニンジン  ヒメウマノミツバ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】