ムカゴニンジン【植物検索・撮れたてドットコム】

ムカゴニンジン

Sium ninsi
ヌマゼリ属
ENG=セリ科 Umbelliferae
APG=セリ科 Apiaceae/Umbelliferae

植物検索のトップページへ


ムカゴニンジン 拡大画面へ

ムカゴニンジンは,山地の湿地に生える多年草。
もっとも顕著な特徴は葉えきにむかごができること。セリ科であることとこのむかごを確認すればムカゴニンジンと確定してまずまちがいない。葉は羽状複葉だが3小葉状になるものもある。
よく似たものにはカノツメソウがあるが,小葉の鋸歯が粗くところどころ不規則に切れこむのに対して,ムカゴニンジンの小葉は,細かい規則的な鋸歯がある。林の中に生え,水辺とは限らない。
タニミツバもよく似ているが,葉えきにむかごはなく,総苞片はないかあっても1-2個。ムカゴニンジンには数個ある。本種と同じように羽状複葉だが,小葉の数が少なく3小葉状になるものが多い。小葉の鋸歯は本種よりさらに細かく,花序はごくまばら。日陰の水辺に生える。
なお,ムカゴニンジンの学名にSium sisarum L.が使われる文献も多いが,Yamazaki2001によると,この種はヨーロッパやロシアで広く野菜として栽培されているもので,野生のものはない。Sium ninsi L.との関係はよくわかっていない。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


ムカゴニンジン 1996年9月18日 愛知県北設楽郡津具村

【漢字名】珠芽人参
【花期】8〜10月 【分布】北海道・本州・四国・九州 【草丈】腰〜胸
【環境】山地・低山,湿地・池沼


もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 


Y listのムカゴニンジン関連ページへ

図鑑jpのムカゴニンジン関連ページへ

ムカゴニンジンと同じ属の仲間(ヌマゼリ属)
ヌマゼリ
 
ムカゴニンジンと同じ科の仲間(セリ科)
シャク
  ツボクサ
  セリ
  ヤブジラミ
  オヤブジラミ
  ノダケ
  ハマウド
  シラネセンキュウ
  シシウド
  セントウソウ
  ハマゼリ
  ミツバ
  ノラニンジン
  ハマボウフウ
  オオチドメ
  ヤブニンジン
  ヤマゼリ
  ウマノミツバ
  カノツメソウ
  アマニュウ
  オオバセンキュウ
  エゾニュウ
  マツバゼリ
  ホタルサイコ
  ドクゼリ
  エゾノシシウド
  ミヤマゼンコ
  ミヤマセンキュウ
  オオハナウド
  ハナウド
  オオバチドメ
  ヒメチドメ
  ボタンボウフウ
  カワラボウフウ
  オオカサモチ
  イワセントウソウ
  イブキボウフウ
  ハマイブキボウフウ
  シラネニンジン
  イブキゼリモドキ
  エゾボウフウ
  ミヤマトウキ
  ヒメノダケ
  イワニンジン
  コガネサイコ
  ミシマサイコ
  セリモドキ
  タカネイブキボウフウ
  タニミツバ
  ミヤマウイキョウ
  イヌニンジン
  エキサイゼリ
  レブンサイコ
  シムラニンジン
  ヒメウマノミツバ
 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】