イブキボウフウ

Libanotis ugoensis var. japonica
セリ科 イブキボウフウ属

植物図鑑のトップページへ


イブキボウフウ 拡大画面へ

イブキボウフウは,草原や岩場に生える多年草。最初に伊吹山で見つかったのでこの名があるが,伊吹山はほぼ南西限で,本州北部や北海道に分布する種。
ほかのセリ科と識別する際には,分果に毛が密に生えることが目安になる。花の時期なら萼筒を見れば毛の有無がわかる。
海岸に生えるハマイブキボウフウや高山帯に生えるタカネイブキボウフウなど,いくつかの変種が知られている。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


イブキボウフウ 1998年6月23日 秋田県男鹿市

【漢字名】伊吹防風 【別名】イブキボオフウ
【花期】6〜9月 【分布】北海道・本州(東北,関東,中部,近畿) 【草丈】すね〜背丈
【環境】人里・田畑,山地・低山,原野・草原,岩場・礫地,海岸

イブキボウフウ 詳細画面へ イブキボウフウ 詳細画面へ イブキボウフウ 詳細画面へ イブキボウフウ 詳細画面へ イブキボウフウ 詳細画面へ イブキボウフウ 詳細画面へ イブキボウフウ 詳細画面へ

イブキボウフウ 花序(青森県下北郡川内町) イブキボウフウ 花(青森県下北郡川内町) イブキボウフウ 総苞片は数個(青森県下北郡川内町) イブキボウフウ 小総苞片は多数で小花柄より短い(青森県下北郡川内町) イブキボウフウ 分果の側面には毛が生える。また萼歯は目立つ(青森県下北郡川内町) イブキボウフウ 分果俯瞰(青森県下北郡川内町) イブキボウフウ 複葉(青森県下北郡川内町)
もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

イブキボウフウの変異VARIATION

HELP

イブキボウフウ 2002年9月22日 青森県下北郡川内町 alt.=434m
イブキボウフウ 2008年7月31日 長野県霧ケ峰高原

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのイブキボウフウ属
ハマイブキボウフウ  タカネイブキボウフウ 
このほかのセリ科
シャク  ツボクサ  セリ  ヤブジラミ  オヤブジラミ  ノダケ  ハマウド  シラネセンキュウ  シシウド  セントウソウ  ハマゼリ  ミツバ  ノラニンジン  ハマボウフウ  オオチドメ  ヤブニンジン  ヤマゼリ  ウマノミツバ  カノツメソウ  アマニュウ  オオバセンキュウ  エゾニュウ  マツバゼリ  ホタルサイコ  ドクゼリ  エゾノシシウド  ミヤマゼンコ  ミヤマセンキュウ  オオハナウド  ハナウド  オオバチドメ  ヒメチドメ  ボタンボウフウ  カワラボウフウ  オオカサモチ  イワセントウソウ  ムカゴニンジン  シラネニンジン  イブキゼリモドキ  エゾボウフウ  ミヤマトウキ  ヒメノダケ  イワニンジン  コガネサイコ  ミシマサイコ  セリモドキ  タニミツバ  ヌマゼリ  ミヤマウイキョウ  イヌニンジン  エキサイゼリ  レブンサイコ  シムラニンジン  ヒメウマノミツバ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】