エゾノシシウド

Coelopleurum lucidum
セリ科 エゾノシシウド属

植物図鑑のトップページへ


エゾノシシウド 拡大画面へ

エゾノシシウドは,北地の海岸に生える多年草。
厚みがあり葉脈のはっきりした葉は特徴的で,北海道から東北北部の海岸であれば,この質感でほぼこの種であることを確定できる。
同じ属のミヤマゼンコやエゾヤマゼンコは山地性で海岸に生えることはなく,またエゾノシシウドは海岸から離れたところには生育しない。
しかし,本種は変異に富む種で,エゾヤマゼンコ,ミヤマゼンコをともに同種内の変種にする説や,エゾヤマゼンコをエゾノシシウドの変種とし,ミヤマゼンコを独立種とする説,エゾヤマゼンコをミヤマゼンコの変種としエゾノシシウドを独立種とする説,また3種とも独立種として認める説などさまざまな見解がある。
本サイトでは最近の見解(Yamazaki2001)に従って3種独立種説をとっている。,

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


エゾノシシウド 1999年6月7日 北海道礼文島 alt.=2m

【漢字名】蝦夷の猪独活 【別名】エゾノハマウド
【花期】6〜8月 【分布】北海道・本州(東北) 【草丈】ひざ〜目
【環境】原野・草原,岩場・礫地,海岸


もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのエゾノシシウド属
ミヤマゼンコ 
このほかのセリ科
シャク  ツボクサ  セリ  ヤブジラミ  オヤブジラミ  ノダケ  ハマウド  シラネセンキュウ  シシウド  セントウソウ  ハマゼリ  ミツバ  ノラニンジン  ハマボウフウ  オオチドメ  ヤブニンジン  ヤマゼリ  ウマノミツバ  カノツメソウ  アマニュウ  オオバセンキュウ  エゾニュウ  マツバゼリ  ホタルサイコ  ドクゼリ  ミヤマセンキュウ  オオハナウド  ハナウド  オオバチドメ  ヒメチドメ  ボタンボウフウ  カワラボウフウ  オオカサモチ  イワセントウソウ  イブキボウフウ  ハマイブキボウフウ  ムカゴニンジン  シラネニンジン  イブキゼリモドキ  エゾボウフウ  ミヤマトウキ  ヒメノダケ  イワニンジン  コガネサイコ  ミシマサイコ  セリモドキ  タカネイブキボウフウ  タニミツバ  ヌマゼリ  ミヤマウイキョウ  イヌニンジン  エキサイゼリ  レブンサイコ  シムラニンジン  ヒメウマノミツバ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】