ナガバノタチツボスミレ【植物検索・撮れたてドットコム】

ナガバノタチツボスミレ

Viola ovato-oblonga
スミレ属
ENG=スミレ科 Violaceae
APG=

植物検索のトップページへ

INDEX > 双子葉植物離弁花類 > スミレ科 > スミレ属 > ナガバノタチツボスミレ

ナガバノタチツボスミレ 拡大画面へ



いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


ナガバノタチツボスミレ 2000年4月14日 岡山県備中町 alt.=295m

【漢字名】長葉の立坪菫
【花期】3〜5月 【分布】本州(中部,近畿,中国)・四国・九州 【草丈】足首以下〜足首
【環境】人里・田畑,山地・低山,森林・林縁


ナガバノタチツボスミレ 詳細画面へ ナガバノタチツボスミレ 詳細画面へ ナガバノタチツボスミレ 詳細画面へ ナガバノタチツボスミレ 詳細画面へ ナガバノタチツボスミレ 詳細画面へ ナガバノタチツボスミレ 詳細画面へ ナガバノタチツボスミレ 詳細画面へ
ナガバノタチツボスミレ 花はタチツボスミレとニオイタチツボスミレノ中間的な感じ(広島県大野町) ナガバノタチツボスミレ 距は普通紫色を帯びる(広島県大野町) ナガバノタチツボスミレ 柱頭はこん棒状。側弁は普通無毛だが有毛の個体もある。この個体もわずかに毛が見えている(広島県大野町) ナガバノタチツボスミレ 根生葉は心形〜円心形。先のとがらないものもある(広島県大野町) ナガバノタチツボスミレ 根生葉の裏側。葉裏は強く紫色を帯びることが多い(広島県大野町) ナガバノタチツボスミレ 茎葉。卵形〜長披針形(広島県大野町) ナガバノタチツボスミレ 托葉は櫛の歯状に切れ込む(広島県大野町)
ナガバノタチツボスミレ 詳細画面へ ナガバノタチツボスミレ 詳細画面へ
ナガバノタチツボスミレ 柱頭。側面(広島県大野町) ナガバノタチツボスミレ 柱頭。上面(広島県大野町)

ナガバノタチツボスミレ 咲き始めは茎が伸びないので,一見無茎種のように見えることもある。葉の幅も広いものが多いが,のちに細長いものが増えてくる 2000年4月19日 広島県神石町
ナガバノタチツボスミレ 葉が特に細長くなる型  2000年4月17日 島根県益田市
ナガバノタチツボスミレ 果実期には,より葉が細長くなり,別の植物のように見えることもある 1985年6月1日 兵庫県西宮市

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 


Y listのナガバノタチツボスミレ関連ページへ

図鑑jpのナガバノタチツボスミレ関連ページへ

フォトエッセイ(野の花365日のナガバノタチツボスミレより)
近畿以西ではごく普通に見られるのに,愛知,静岡あたりから東へ行くと,ぱたっと見られなくなるスミレである。とても分布の境目のはっきりした種だ。分布の中心になる中国地方などでは,タチツボスミレよりも個体数は多いぐらいかもしれない。
大学を中退して西宮市でアルバイトをしていた頃,冬の間に無性にスミレが見たくなって,「原色日本のスミレ」や地方の植物誌を読み暮らしていた年がある。始末の悪いことに,そのときのアルバイトは,学校の宿直で,仕事中にも無限というほど時間があった。1月から3月がどんなに長く感じたことか...。今思えばなんとも贅沢な時間だった。
その年は記録的な寒い冬で,春の訪れも平年より2週間ほど遅れた。ただでさえ長かった冬が,実際にも例年より長かったわけだが,そろそろスミレが咲いているはずだと思って出かけた六甲山麓で何度も空振りを繰り返し,やっと見つけた一輪のスミレがこのナガバノタチツボスミレだった。
その鮮やかな青紫色は今も脳裏に焼きついて離れない。

【ひとくちメモ】
果実期には茎葉が著しく細長くなり,極端な場合にはタチスミレと誤認されることもある。

【見わけ方】
ニオイタチツボスミレはよく似ているが,花はよりまとまって咲き,花の中心部の白い部分がはっきりしている。葉は先端のとがり方がにぶい。
詳しくはタチツボスミレの仲間の見分け方(西日本編)(会員のみ)へ。

ナガバノタチツボスミレと同じ属の仲間(スミレ属)
タチツボスミレ
  ニョイスミレ
  アオイスミレ
  コスミレ
  マルバスミレ
  スミレ
  ヒメスミレ
  ニオイタチツボスミレ
  スミレサイシン
  ノジスミレ
  エゾノタチツボスミレ
  アリアケスミレ
  キバナノコマノツメ
  ナガバノスミレサイシン
  ヒメミヤマスミレ
  オオバキスミレ
  エイザンスミレ
  コタチツボスミレ
  サンインタチツボスミレ(仮称)
  サクラスミレ
  オオタチツボスミレ
  マキノスミレ
  ニオイスミレ
  アカネスミレ
  リュウキュウコスミレ
  フモトスミレ
  アケボノスミレ
  ナガハシスミレ
  ミヤマスミレ
  ヒゴスミレ
  ヒナスミレ
  アギスミレ
  ヒメアギスミレ
  シハイスミレ
  ヒカゲスミレ
  リュウキュウシロスミレ
  シロコスミレ
  フイリナガバノスミレサイシン
  ウスバスミレ
  トウカイスミレ
  ヤクシマスミレ
  フチゲオオバキスミレ
  ミヤマキスミレ
  ナエバキスミレ
  フギレオオバキスミレ
  ダイセンキスミレ
  ケエゾキスミレ
  ナンザンスミレ
  エゾアオイスミレ
  クモマスミレ
  ツクシスミレ
  ヒトツバエゾスミレ
  テリハタチツボスミレ
  ツルタチツボスミレ
  ケイリュウタチツボスミレ
  オオバタチツボスミレ
  アナマスミレ
  ホコバスミレ
  アツバスミレ
  コミヤマスミレ
  イブキスミレ
  キスミレ
  シロスミレ
  アワガタケスミレ
  アイヌタチツボスミレ
  イソスミレ
  シコクスミレ
  ヤエヤマスミレ
  フジスミレ
  ゲンジスミレ
  ミヤマツボスミレ
  ジンヨウキスミレ
  アマミスミレ
  チシマウスバスミレ
  エゾキスミレ
  トカチキスミレ
  フギレキスミレ
  アカバナスミレ
  タカネスミレ
  エゾタカネスミレ
  ヤツガタケキスミレ
  タニマスミレ
  シレトコスミレ
  シマジリスミレ
  ホソバシロスミレ
  タチスミレ
  オリヅルスミレ
  タデスミレ
  シコクミヤマスミレ
  オキナワスミレ
  コケスミレ
  ヒメスミレサイシン
  アソヒカゲスミレ
  シソバキスミレ
 
ナガバノタチツボスミレと同じ科の仲間(スミレ科)
掲載種はありません。

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】