テリハキンバイ

Potentilla riparia
バラ科 キジムシロ属

植物図鑑のトップページへ


テリハキンバイ 拡大画面へ

テリハキンバイは,川岸の岩場や林縁の礫地に生える多年草。
ミツバツチグリに似ているが,長い匐枝を出し葉に光沢があるのが特徴。また,根茎に塊状のふくらみがない。
もうひとつよく似た種にツルキンバイがある。盛んに長い匐枝を出すのは本種と似ているが,葉に光沢がなく明るい緑色で,小葉の鋸歯が粗いので見わけられる。またツルキンバイは越冬葉をもたないが,テリハキンバイでは花期に越冬葉が残る。
近畿地方から中国地方の限られた地域に分布するやや稀な種。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


テリハキンバイ 2003年4月18日 広島県比婆郡東城町 alt.=380m

【漢字名】照葉金梅
【花期】4〜5月 【分布】本州(近畿,中国) 【草丈】足首以下〜足首
【環境】人里・田畑,山地・低山,河原・渓流,岩場・礫地

テリハキンバイ 詳細画面へ テリハキンバイ 詳細画面へ テリハキンバイ 詳細画面へ テリハキンバイ 詳細画面へ テリハキンバイ 詳細画面へ テリハキンバイ 詳細画面へ テリハキンバイ 詳細画面へ
テリハキンバイ 花。キジムシロ属の多くの花はそっくりで花による識別は難しい(広島県比婆郡東城町) テリハキンバイ 花背面(広島県比婆郡東城町) テリハキンバイ 茎には開出毛がある(広島県比婆郡東城町) テリハキンバイ 葉は3小葉。ミツバツチグリと比べると色が濃くてやや光沢がある(広島県比婆郡東城町) テリハキンバイ 葉表(広島県比婆郡東城町) テリハキンバイ 葉裏にも光沢があるのはミツバツチグリとちがうところ(広島県比婆郡東城町) テリハキンバイ 長い匐枝があるのが一番の特徴。ミツバツチグリにも匐枝はあるが短い(広島県比婆郡東城町)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

Y listの関連ページへ

図鑑jpの関連ページへ

このほかのキジムシロ属
キジムシロ  オヘビイチゴ  ミツバツチグリ  ヒメヘビイチゴ  ミヤマキンバイ  ツルキジムシロ  ツルキンバイ  コバナキジムシロ  イワキンバイ  ツチグリ  エゾツルキンバイ  キンロバイ  チシマキンバイ  ヒロハノカワラサイコ  エゾノミツモトソウ  エチゴキジムシロ  アポイキンバイ  メアカンキンバイ 
このほかのバラ科
キンミズヒキ  ヘビイチゴ  ヤブヘビイチゴ  ウメ  モミジイチゴ  ヤマブキショウマ  クサボケ  ダイコンソウ  ヤマブキ  カマツカ  オクチョウジザクラ  ウワミズザクラ  テリハノイバラ  ワレモコウ  ヒメキンミズヒキ  オニシモツケ  シモツケソウ  ノウゴウイチゴ  シロバナノヘビイチゴ  オオダイコンソウ  ミヤマダイコンソウ  カラフトダイコンソウ  チングルマ  コバノフユイチゴ  コガネイチゴ  アズキナシ  ウラジロナナカマド  コキンバイ  チョウノスケソウ  アカバナシモツケソウ  エゾクサイチゴ  クロバナロウゲ  ミヤマニガイチゴ  カライトソウ  タカネトウウチソウ  ナガボノワレモコウ  イブキシモツケ  ハゴロモグサ  ミヤマヤマブキショウマ  ホロムイイチゴ  エゾノトウウチソウ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】