コマクサ【植物検索・撮れたてドットコム】

コマクサ

Dicentra peregrina
コマクサ属
ENG=ケシ科 Papaveraceae
APG=ケシ科 Papaveraceae

植物検索のトップページへ


コマクサ 拡大画面へ

コマクサほどよく知られた高山植物もないだろう。高山植物といえば,真っ先にこの花の名前を挙げる人が多いのではないだろうか。気品といい生える場所の厳しさといい,高山植物の女王の名にふさわしい花である。
しかし,特別めずらしい植物というわけではなく,高山帯で礫地のある山なら自生しているところは多い。
少し登山道を歩く気になれば,登山家でなくとも目にすることは夢ではない。
大雪山では高山蝶のウスバキチョウの食草として有名。
ケシ科に属するが,日本の野生種では,ほかに似た植物はないといってもいい。


いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


コマクサ 1997年8月5日 長野県白馬岳

【漢字名】駒草
【花期】7〜8月 【分布】北海道・本州(東北,関東,中部) 【草丈】足首以下〜足首
【環境】高山・亜高山


コマクサ 詳細画面へ コマクサ 詳細画面へ コマクサ 詳細画面へ
コマクサ 花正面(秋田県秋田駒ヶ岳) コマクサ 花側面。この形が馬の横顔に似ているのでこの名がある(秋田県秋田駒ヶ岳) コマクサ 葉(秋田県秋田駒ヶ岳)

コマクサ 群落画面へ

コマクサ ほかに何も生えないような礫地に群落をつくる 1994年7月20日 北海道大雪山


コマクサ 各地で時々見られる白花品 1995年7月9日 北海道知床半島

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 


Y listのコマクサ関連ページへ

図鑑jpのコマクサ関連ページへ

フォトエッセイ(野の花365日のコマクサより)
夏山のハイシーズン,しかも週末ともなれば,中部山岳の有名どころでは人でごった返す。クモマスミレを見に燕岳に行ったのだが,この日はそれに加えて,女子高生の集団登山にぶつかってしまった。
燕山荘は11年ぶりの混雑だということで,畳1畳に3人が寝るという殺人的な状態だった。大きな要因は女子高生の集団登山とはいっても,もちろん女子高生と畳1畳に寝るわけではない。
ろくに寝返りも打てず,うとうとするかしないかのうちに,短い夏の夜は白みはじめた。トイレにいったはいいが,帰ってくるともう寝る場所がなくなっている。仕方ないので暗いうちから撮影に出た。
日が昇ると槍ヶ岳が輝き始め,足元には所狭しとコマクサが咲いていた。

【見わけ方】
ケシ科の植物だが,日本には同属の植物はない。園芸植物のケマンソウDicentra spectabilisが同じ属の植物。

コマクサと同じ属の仲間(コマクサ属)
掲載種はありません。
コマクサと同じ科の仲間(ケシ科)
クサノオウ
  ムラサキケマン
  タケニグサ
  ジロボウエンゴサク
  ヤマエンゴサク
  フウロケマン
  ミヤマキケマン
  ナガミヒナゲシ
  エゾエンゴサク
  オトメエンゴサク
  キケマン
  キンキエンゴサク
  ツルキケマン
  ヤマブキソウ
  ミチノクエンゴサク
  ヤマキケマン
  ニセカラクサケマン
  オサバグサ
  エゾオオケマン
  アツミゲシ
 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】