ツクモグサ

Pulsatilla nipponica
キンポウゲ科 オキナグサ属

植物図鑑のトップページへ


ツクモグサ 拡大画面へ

ツクモグサは,自生する山が限られているうえ,花期がとてつもなく早い。谷筋の花なら雪解けが遅い年なら,春の花が遅くまで咲いていることもあるが,ツクモグサのように尾根筋にしか咲かない花の場合,8月まで花が残っていることはまずありえない。
この花を見るためには,登山口がまだ雪に埋もれているような頃山頂に立たねばならない。しかも,たいてい梅雨の真っ最中となる。
まだ,ほかには咲く花の少ない時期でもある。この花だけのために登ってきた人にだけ笑顔を見せる気高い高山植物である。
オキナグサの仲間で,そう果には同じように長い冠毛がある。夏山シーズンには,この冠毛でツクモグサの咲いていたことを知るのみである。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


ツクモグサ 1997年7月15日 北アルプス白馬岳

【漢字名】九十九草
【花期】5〜7月 【分布】北海道・本州(中部) 【草丈】足首以下〜足首
【環境】高山・亜高山

ツクモグサ 詳細画面へ ツクモグサ 詳細画面へ ツクモグサ 詳細画面へ
ツクモグサ 花((北アルプス白馬岳)) ツクモグサ 葉は細かく切れこむ((北アルプス白馬岳)) ツクモグサ そう果には長い毛がある(北アルプス白馬岳)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのオキナグサ属
オキナグサ 
このほかのキンポウゲ科
ボタンヅル  センニンソウ  ケキツネノボタン  ウマノアシガタ  タガラシ  アキカラマツ  ニリンソウ  シュウメイギク  イチリンソウ  キクザキイチゲ  アズマイチゲ  ヒメウズ  ヤマオダマキ  リュウキンカ  クサボタン  オウレン  キツネノボタン  カラマツソウ  オオレイジンソウ  カワチブシ  ヤマトリカブト  レイジンソウ  タンナトリカブト  アズマレイジンソウ  サンヨウブシ  オクトリカブト  エゾトリカブト  ルイヨウショウマ  ミチノクフクジュソウ  フクジュソウ  ヒメイチゲ  ミスミソウ  サンリンソウ  ミヤマオダマキ  エゾノリュウキンカ  エンコウソウ  オオバショウマ  イヌショウマ  サラシナショウマ  ミヤマハンショウヅル  ハンショウヅル  トリガタハンショウヅル  セリバオウレン  ミツバオウレン  セリバヒエンソウ  アズマシロカネソウ  トウゴクサバノオ  ミヤマキンポウゲ  トゲミノキツネノボタン  バイカモ  ミヤマカラマツ  モミジカラマツ  ヒダカトリカブト  エゾレイジンソウ  ウゼントリカブト  ハクバブシ  キタザワブシ  ミヤマトリカブト  カラフトブシ  ホソバトリカブト  キタミフクジュソウ  ユキワリイチゲ  ハクサンイチゲ  エゾノハクサンイチゲ  エゾイチゲ  レンゲショウマ  カザグルマ  シロバナハンショウヅル  バイカオウレン  ミツバノバイカオウレン  サバノオ  サイコクサバノオ  ハコネシロカネソウ  サンインシロカネソウ  ツルシロカネソウ  ヒキノカサ  セツブンソウ  キンバイソウ  チシマノキンバイソウ  シナノキンバイ  ハナカズラ  イヤリトリカブト  キタダケトリカブト  シコタントリカブト  オオサワトリカブト  フタマタイチゲ  ヤチイチゲ  コミヤマハンショウヅル  コウヤシロカネソウ  キバナサバノオ  チチブシロカネソウ  エゾキンポウゲ  ツルキツネノボタン  ヒメカラマツ  ナガバカラマツ  シキンカラマツ  レブンキンバイソウ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】