ナンブワチガイソウ【植物検索・撮れたてドットコム】

ナンブワチガイソウ

Pseudostellaria japonica
ワチガイソウ属
ENG=ナデシコ科 Caryophyllaceae
APG=ナデシコ科 Caryophyllaceae

植物検索のトップページへ


ナンブワチガイソウ 拡大画面へ

ナンブワチガイソウは,東北地方太平洋側に近い山地に生えるややめずらしいワチガイソウ属の多年草。しかし,分布域での個体数は決して少なくない。
日陰に生え,杉林の下などに群生する。ワチガイソウ属の仲間としてはやや乾燥気味のところに多い。
ワチガイソウ属の仲間で花弁の先端が切れこむものには,ナンブワチガイソウのほかクシロワチガイソウワダソウがある。前者は茎上部の葉が線形なので識別できる。後者は,茎上部の葉が仮輪生状になる。ナンブワチガイソウは,茎上部の葉も完全に対生する。
花柄がその対生した葉の葉えきからひとつずつ出るのもナンブワチガイソウの特徴。

植物写真の決定版!出来!!

目から鱗の植物写真術がついに書籍化


ナンブワチガイソウ 2003年5月11日 岩手県花巻市 alt.=164m

【漢字名】南部輪違草 【別名】マンシュウワチガイ
【花期】5〜6月 【分布】本州(東北) 【草丈】足首〜ひざ
【環境】山地・低山,森林・林縁


ナンブワチガイソウ 詳細画面へ ナンブワチガイソウ 詳細画面へ ナンブワチガイソウ 詳細画面へ ナンブワチガイソウ 詳細画面へ ナンブワチガイソウ 詳細画面へ ナンブワチガイソウ 詳細画面へ ナンブワチガイソウ 詳細画面へ
ナンブワチガイソウ 花正面。花弁の先端がくぼみ,基部が細く隙間が目立つ(岩手県花巻市) ナンブワチガイソウ 花側面(岩手県花巻市) ナンブワチガイソウ 花柄。長い毛が生える(岩手県花巻市) ナンブワチガイソウ 上部の茎葉。柄がない(岩手県花巻市) ナンブワチガイソウ 株の茎葉。線形で基部は葉柄状になる(岩手県花巻市) ナンブワチガイソウ 茎。下向きの毛が生える(岩手県花巻市) ナンブワチガイソウ 葉表(岩手県花巻市)
ナンブワチガイソウ 詳細画面へ
ナンブワチガイソウ 葉裏(岩手県花巻市)

ナンブワチガイソウ 葉は茎上部まで完全に対生する  2003年5月11日 岩手県花巻市 alt.=164m

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 


Y listのナンブワチガイソウ関連ページへ

図鑑jpのナンブワチガイソウ関連ページへ

ナンブワチガイソウと同じ属の仲間(ワチガイソウ属)
ワチガイソウ
  ワダソウ
  ヒゲネワチガイソウ
  クシロワチガイソウ
  ヒナワチガイソウ
 
ナンブワチガイソウと同じ科の仲間(ナデシコ科)
ノミノツヅリ
  オランダミミナグサ
  ツメクサ
  ムシトリナデシコ
  ノミノフスマ
  ウシハコベ
  コハコベ
  ミドリハコベ
  ミミナグサ
  ハマナデシコ
  エゾカワラナデシコ
  カワラナデシコ
  ハマハコベ
  フシグロセンノウ
  オオヤマフスマ
  ハマツメクサ
  シロバナマンテマ
  マンテマ
  ノハラツメクサ
  サワハコベ
  ミヤマハコベ
  タカネナデシコ
  センジュガンピ
  ウシオハナツメクサ
  ウスベニツメクサ
  オオヤマハコベ
  オオバナノミミナグサ
  ミヤマミミナグサ
  クモマミミナグサ
  シナノナデシコ
  エゾタカネツメクサ
  タカネツメクサ
  ホソバツメクサ
  フシグロ
  エゾマンテマ
  シラタマソウ
  シラオイハコベ
  ナガバツメクサ
  イワツメクサ
  エゾオオヤマハコベ
  シコタンハコベ
  アオハコベ
  カスミソウ
  カトウハコベ
  メアカンフスマ
  チョウカイフスマ
  コバノミミナグサ
  オオミミナグサ
  タガソデソウ
  オオビランジ
  タカネビランジ
  アポイマンテマ
  イトハコベ
  エゾハコベ
  エゾイワツメクサ
 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】