タガソデソウ【植物検索・撮れたてドットコム】

タガソデソウ

Cerastium pauciflorum var. amurense
ミミナグサ属
ENG=ナデシコ科 Caryophyllaceae
APG=ナデシコ科 Caryophyllaceae

植物検索のトップページへ


タガソデソウ 拡大画面へ

タガソデソウは,落葉樹林帯の林縁や草地で見かける大型のミミナグサの仲間。
日本のミナグサ属の種としては最大の花をもつ。また,多くのミミナグサの仲間が,花弁に切れこみをもつのに対して,タガソデソウにはそれがない。もっとも,大きさだけでもミミナグサの仲間だとはにわかには思えない。花弁に透かしのような透明の条があるのも特徴。
国内での分布は限られていて,本州中部の内陸地方に限られるが,大陸では普通に見られる種だ。


植物写真の決定版!出来!!

目から鱗の植物写真術がついに書籍化


タガソデソウ 1997年6月10日 長野県松本市

【漢字名】誰袖草
【花期】5〜6月 【分布】本州(中部) 【草丈】すね〜ひざ
【環境】山地・低山,森林・林縁


タガソデソウ 詳細画面へ タガソデソウ 詳細画面へ タガソデソウ 詳細画面へ タガソデソウ 詳細画面へ タガソデソウ 詳細画面へ タガソデソウ 詳細画面へ
タガソデソウ 花は直径3cmほどとミミナグサの仲間としては大きい(長野県松本市) タガソデソウ 萼片は花弁に比べて小さい(長野県松本市) タガソデソウ 花弁には中心部に向かって透かしのようなラインがある(長野県松本市) タガソデソウ 葉は披針形で先がとがる(長野県松本市) タガソデソウ 葉は対生で柄はない(長野県松本市) タガソデソウ 花柄の腺毛には虫が捕まっていることもある(長野県松本市)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 


Y listのタガソデソウ関連ページへ

図鑑jpのタガソデソウ関連ページへ

タガソデソウと同じ属の仲間(ミミナグサ属)
オランダミミナグサ
  ミミナグサ
  オオバナノミミナグサ
  ミヤマミミナグサ
  クモマミミナグサ
  コバノミミナグサ
  オオミミナグサ
 
タガソデソウと同じ科の仲間(ナデシコ科)
ノミノツヅリ
  ツメクサ
  ムシトリナデシコ
  ノミノフスマ
  ウシハコベ
  コハコベ
  ミドリハコベ
  ハマナデシコ
  エゾカワラナデシコ
  カワラナデシコ
  ハマハコベ
  フシグロセンノウ
  オオヤマフスマ
  ワチガイソウ
  ワダソウ
  ハマツメクサ
  シロバナマンテマ
  マンテマ
  ノハラツメクサ
  サワハコベ
  ミヤマハコベ
  タカネナデシコ
  センジュガンピ
  ヒゲネワチガイソウ
  ウシオハナツメクサ
  ウスベニツメクサ
  オオヤマハコベ
  シナノナデシコ
  エゾタカネツメクサ
  タカネツメクサ
  ホソバツメクサ
  ナンブワチガイソウ
  クシロワチガイソウ
  フシグロ
  エゾマンテマ
  シラタマソウ
  シラオイハコベ
  ナガバツメクサ
  イワツメクサ
  エゾオオヤマハコベ
  シコタンハコベ
  アオハコベ
  カスミソウ
  カトウハコベ
  メアカンフスマ
  チョウカイフスマ
  ヒナワチガイソウ
  オオビランジ
  タカネビランジ
  アポイマンテマ
  イトハコベ
  エゾハコベ
  エゾイワツメクサ
 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】