オオイタドリ

Reynoutria sachalinensis
タデ科 イタドリ属

植物図鑑のトップページへ


オオイタドリ 拡大画面へ

オオイタドリは、崩壊地や土手に生える多年草。イタドリに似ているが、日本海側や北国に多い。たいていのところではどちらか一方だけが見られるが、両者が混生する地域もある。
イタドリとの違いは、葉の形と裏面。オオイタドリの葉は基部が心形になるが、イタドリでは切形。オオイタドリの葉の裏面は白っぽいが、イタドリでは淡緑色。
名のとおり、オオイタドリの方が相対的に大きい。


いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


オオイタドリ 1999年9月1日 北海道古平町 alt.=380m

【漢字名】大虎杖
【花期】7〜10月 【分布】北海道・本州(東北,関東,中部) 【草丈】ひざ〜背丈以上
【環境】人里・田畑,山地・低山,森林・林縁,河原・渓流,原野・草原,海岸

オオイタドリ 詳細画面へ オオイタドリ 詳細画面へ オオイタドリ 詳細画面へ オオイタドリ 詳細画面へ オオイタドリ 詳細画面へ オオイタドリ 詳細画面へ
オオイタドリ 雄性花序(宮城県栗駒町) オオイタドリ 雄花(宮城県栗駒町) オオイタドリ 雄花(宮城県栗駒町) オオイタドリ 葉は基部が心形になる(宮城県栗駒町) オオイタドリ 葉裏は粉を吹いたように白っぽい(粉泊色)(宮城県栗駒町) オオイタドリ 種子。小さなメモリが0.1mm(北海道積丹町)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのイタドリ属
イタドリ 
このほかのタデ科
ミズヒキ  オオイヌタデ  イヌタデ  イシミカワ  ハナタデ  ママコノシリヌグイ  アキノウナギツカミ  ミゾソバ  オオケタデ  スイバ  ヒメスイバ  アレチギシギシ  ギシギシ  サクラタデ  ヤナギタデ  シロバナサクラタデ  タニソバ  ボントクタデ  ミチヤナギ  イブキトラノオ  クリンユキフデ  ハルトラノオ  ムカゴトラノオ  ツルソバ  ミヤマタニソバ  ノダイオウ  コギシギシ  ウラジロタデ  オンタデ  シャクチリソバ  ツルタデ  ジンヨウスイバ  ナガバノヤノネグサ  ナガバノウナギツカミ  サデクサ  ツルドクダミ  タカネスイバ  ナンブトラノオ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】