ボントクタデ【植物検索・撮れたてドットコム】

ボントクタデ

Persicaria pubescens
イヌタデ属
ENG=タデ科 Polygonaceae
APG=タデ科 Polygonaceae

植物検索のトップページへ


ボントクタデ 拡大画面へ

ボントクタデはタデ科の1年草。
ヤナギタデに似ているが、辛味がないので薬味として使えないのでこの名がある。
ヤナギタデと同じようなところに生え、同じような外見をしているが、もっとも簡単な識別法は、葉を噛んでみることである。ヤナギタデなら辛味があるが、ボントクタデにはない。
また、そう果は普通3稜形で普通レンズ形のヤナギタデと識別できる。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


ボントクタデ 1999年10月11日 大阪府豊能町 alt.=471m


【花期】8〜11月 【分布】本州(関東,中部,近畿,中国)・四国・九州・沖縄 【草丈】すね〜ひざ
【環境】人里・田畑,河原・渓流,原野・草原,湿地・池沼


ボントクタデ 詳細画面へ ボントクタデ 詳細画面へ ボントクタデ 詳細画面へ ボントクタデ 詳細画面へ
ボントクタデ 花は花序にややまばらにつく(大阪府豊能町) ボントクタデ 葉は、1対の斑が入ることが多い(大阪府豊能町) ボントクタデ 托葉鞘の縁には毛が生える(大阪府豊能町) ボントクタデ そう果は3稜形。レンズ形のヤナギタデと見わけるポイントになる(大阪府豊能町)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 


Y listのボントクタデ関連ページへ

図鑑jpのボントクタデ関連ページへ

ボントクタデと同じ属の仲間(イヌタデ属)
オオイヌタデ
  イヌタデ
  イシミカワ
  ハナタデ
  ママコノシリヌグイ
  アキノウナギツカミ
  ミゾソバ
  オオケタデ
  サクラタデ
  ヤナギタデ
  シロバナサクラタデ
  タニソバ
  ツルソバ
  ミヤマタニソバ
  ナガバノヤノネグサ
  ナガバノウナギツカミ
  サデクサ
 
ボントクタデと同じ科の仲間(タデ科)
ミズヒキ
  イタドリ
  スイバ
  ヒメスイバ
  アレチギシギシ
  ギシギシ
  ミチヤナギ
  オオイタドリ
  イブキトラノオ
  クリンユキフデ
  ハルトラノオ
  ムカゴトラノオ
  ノダイオウ
  コギシギシ
  ウラジロタデ
  オンタデ
  シャクチリソバ
  ツルタデ
  ジンヨウスイバ
  ツルドクダミ
  タカネスイバ
  ナンブトラノオ
 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】