アオミズ

Pilea pumila
イラクサ科 ミズ属

植物図鑑のトップページへ


アオミズ 拡大画面へ

アオミズは,山地の湿り気のあるところに生える一年草。
ミズ属の中で,広い地域で普通に見られるもののひとつ。特に関東より北ならアオミスかミズがほとんどを占める。
ミズとはよく似ているが次の点に着目すれば見わけは難しくない。
ミズの方がやや小型で葉の鋸歯は先がとがらず,葉先も尾状になることはない。アオミスでは鋸歯の先がとがり,葉先も尾状になる。鋸歯の数もアオミズの方が多い。
ミズの茎は普通褐色を帯びるが,アオミズは緑色。
ミズの花序は枝が短く葉えきにかたまってつくが,アオミスでは花序の枝が長く葉えきから離れてつく。
ミズの雄花は赤い部分がなく白っぽく見えるが,アオミスでは赤い部分がある。
ミズのそう果は花被片より明らかに短いが,アオミスのそう果は花被片とほぼ同長。


いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


アオミズ 2000年9月20日 奈良県上北山村 alt.=940m

【漢字名】青みず
【花期】7〜10月 【分布】北海道・本州・四国・九州 【草丈】足首以下〜すね
【環境】人里・田畑,山地・低山,森林・林縁

アオミズ 詳細画面へ アオミズ 詳細画面へ アオミズ 詳細画面へ アオミズ 詳細画面へ アオミズ 詳細画面へ アオミズ 詳細画面へ アオミズ 詳細画面へ
アオミズ 葉は3-10cmと、ミズよりやや大きめ。鋸歯の数も5-10対と多い。(奈良県上北山村) アオミズ 雌性花序は緑色(奈良県上北山村) アオミズ 雌花。そう果は緑色で花被片と同じか短い(奈良県上北山村) アオミズ 雄性花序。柄があるのがミズとのちがい(奈良県上北山村) アオミズ 雄花。花被片は赤っぽい(奈良県上北山村) アオミズ 茎は緑色からわずかに褐色を帯びる程度。水分を多く含んだ感じ(奈良県上北山村) アオミズ 葉表(奈良県上北山村)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのミズ属
ミズ  ミヤマミズ 
このほかのイラクサ科
ヤブマオ  カラムシ  メヤブマオ  コアカソ  アカソ  ラセイタソウ  クサコアカソ  ヒメウワバミソウ  ウワバミソウ  ムカゴイラクサ  ミヤマイラクサ  カテンソウ  エゾイラクサ  イラクサ  ナガバヤブマオ  ヤマトキホコリ  サンショウソウ  オオサンショウソウ  キミズ  コバノイラクサ  チョクザキミズ  アラゲサンショウソウ  ヒュウガサンショウソウ  ナガバサンショウソウ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】