アラゲサンショウソウ

Pellionia brevifolia
イラクサ科 サンショウソウ属

植物図鑑のトップページへ


アラゲサンショウソウ 拡大画面へ

アラゲサンショウソウは,鹿児島県と宮崎県に分布するめずらしいサンショウソウ属の仲間。名のとおり茎に粗い毛が出る。このような粗い毛が出るのはサンショウソウ属ではアラゲサンショウソウとヒュウガサンショウソウがあるが,アラゲサンショウソウには葉の表面に斑があるので,それだけでも確定できる。また,毛の様子もヒュウガサンショウソウは屈毛だが,アラゲサンショウソウは開出する。またヒュウガサンショウソウは葉の表面に強い光沢をもつがアラゲサンショウソウは光沢が弱い。
ほかに,葉の表面に斑を持つ種にはナガバサンショウソウがあるが,葉の先が細くとがるので識別は容易。
花期は秋だが,果実は春先まで見られる。
多年草。海外では香港にも分布が知られている。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


アラゲサンショウソウ 雌株 2003年4月9日 宮崎県宮崎郡田野町 alt.=177m

【漢字名】粗毛山椒草
【花期】10〜11月 【分布】九州 【草丈】足首以下〜足首
【環境】山地・低山,森林・林縁

アラゲサンショウソウ 詳細画面へ アラゲサンショウソウ 詳細画面へ アラゲサンショウソウ 詳細画面へ アラゲサンショウソウ 詳細画面へ アラゲサンショウソウ 詳細画面へ アラゲサンショウソウ 詳細画面へ アラゲサンショウソウ 詳細画面へ
アラゲサンショウソウ 雌花序。もう果実になっている(宮崎県宮崎郡田野町) アラゲサンショウソウ 雌花序側面。花柄が長い(宮崎県宮崎郡田野町) アラゲサンショウソウ 雌花の花被片には毛がある(宮崎県宮崎郡田野町) アラゲサンショウソウ 葉に斑が入るのが大きな特徴(宮崎県宮崎郡田野町) アラゲサンショウソウ 葉表(宮崎県宮崎郡田野町) アラゲサンショウソウ 葉裏(宮崎県宮崎郡田野町) アラゲサンショウソウ 茎に肉眼でも見える粗い毛がある(宮崎県宮崎郡田野町)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのサンショウソウ属
サンショウソウ  オオサンショウソウ  キミズ  ヒュウガサンショウソウ  ナガバサンショウソウ 
このほかのイラクサ科
ヤブマオ  カラムシ  メヤブマオ  コアカソ  アカソ  ミズ  アオミズ  ラセイタソウ  クサコアカソ  ヒメウワバミソウ  ウワバミソウ  ムカゴイラクサ  ミヤマイラクサ  カテンソウ  ミヤマミズ  エゾイラクサ  イラクサ  ナガバヤブマオ  ヤマトキホコリ  コバノイラクサ  チョクザキミズ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】