ガッサンチドリ

Platanthera ophrydioides var. uzenensis
ラン科 ツレサギソウ属

植物図鑑のトップページへ

INDEX > 単子葉植物 > ラン科 > ツレサギソウ属 > ガッサンチドリ

ガッサンチドリ 拡大画面へ

ガッサンチドリは,亜高山帯の林の中に生える目立たないラン。
葉は1-2枚で互生し,花は背萼片と側花弁がかぶと状になり距はごく短い。
ミヤマチドリに似ているが,ガッサンチドリの方が距が短く先がとがらず,また基部がくびれる点で識別できる。
ガッサンチドリを独立種とする説もあるが,本サイトではミヤマチドリの変種として扱っている。
分布は文献によってくいちがいがあり細かいところは明確ではないが,一応本州以北の亜高山帯としておく。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


ガッサンチドリ 2003年7月13日 秋田県秋田駒ヶ岳 alt.=1276m

【漢字名】月山千鳥 【別名】ニッコウチドリ
【花期】6〜8月 【分布】本州(東北,関東,中部) 【草丈】足首〜すね
【環境】高山・亜高山,森林・林縁

ガッサンチドリ 詳細画面へ ガッサンチドリ 詳細画面へ ガッサンチドリ 詳細画面へ ガッサンチドリ 詳細画面へ
ガッサンチドリ 花正面。背萼片と側花弁がかぶとのような形になる(秋田県秋田駒ヶ岳) ガッサンチドリ 花側面。距が楕円形〜棒状で先がとがらず基部がくびれ短いのが特徴。苞の陰から一部がのぞいている(秋田県秋田駒ヶ岳) ガッサンチドリ 葉は1-2枚が互生する(秋田県秋田駒ヶ岳) ガッサンチドリ 茎(秋田県秋田駒ヶ岳)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのツレサギソウ属
ミズチドリ  ヤマサギソウ  ホソバノキソチドリ 
このほかのラン科
ネジバナ  シュンラン  ノビネチドリ  テガタチドリ  コフタバラン  ハクサンチドリ  コケイラン  シラン  エビネ  トクサラン  キエビネ  サルメンエビネ  アオチドリ  ツチアケビ  アケボノシュスラン  リュウキュウサギソウ  ニョホウチドリ  トキソウ  キバナシュスラン  タイワンエビネ  ヒメホテイラン  サワラン  コウトウシラン 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】