イリオモテクマタケラン

Alpinia flabellata
ショウガ科 ハナミョウガ属

植物図鑑のトップページへ

INDEX > 単子葉植物 > ショウガ科 > ハナミョウガ属 > イリオモテクマタケラン

イリオモテクマタケラン 拡大画面へ

イリオモテクマタケランは,八重山諸島に生える多年草。
草丈が人の胸ほどになり,花序が枝分かれするのが特徴。また,果実がオレンジ色から朱色に熟すのもほかの種にはない特徴だが,時期をすぎると赤色になる。
西表島には,ほかに同属のヤエヤマクマタケラン(未記載)があるが,これは山中に生え草丈が人のひざほどで,果実は赤く熟し,花序が枝分かれしない。


いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


イリオモテクマタケラン 果実期 2001年10月26日 沖縄県竹富町西表島 alt.=118m

【漢字名】西表熊竹蘭
【花期】6〜8月 【分布】沖縄 【草丈】腰〜目
【環境】人里・田畑,山地・低山,森林・林縁


もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのハナミョウガ属
ハナミョウガ 
このほかのショウガ科
掲載種はありません。

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】