カミコウチテンナンショウ

Arisaema ishizuchiense var. brevicollum
サトイモ科 テンナンンショウ属

植物図鑑のトップページへ

INDEX > 単子葉植物 > サトイモ科 > テンナンンショウ属 > カミコウチテンナンショウ

カミコウチテンナンショウ 拡大画面へ

長野県と岐阜県に分布するやや特殊なテンナンショウの仲間。葉は一枚で小葉が分裂しないのが大きな特徴。仏炎苞は褐色。亜高山帯の湿り気のある林に生える。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


カミコウチテンナンショウ 2012年5月30日 岐阜県下呂市

【漢字名】上高地天南星
【花期】5〜6月 【分布】本州(中部) 【草丈】すね〜ひざ
【環境】山地・低山,高山・亜高山,森林・林縁,河原・渓流

カミコウチテンナンショウ 詳細画面へ
カミコウチテンナンショウ 小葉は分裂しない(岐阜県下呂市)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのテンナンンショウ属
掲載種はありません。
このほかのサトイモ科
クワズイモ  ヒロハテンナンショウ  オオマムシグサ  ウラシマソウ  ミミガタテンナンショウ  ミズバショウ  ザゼンソウ  ムサシアブミ  ヒトヨシテンナンショウ  ユキモチソウ  ミツバテンナンショウ  スルガテンナンショウ  マイヅルテンナンショウ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】