アオヤギソウ

Veratrum maackii var. maackioides forma virescens
ユリ科 シュロソウ属

植物図鑑のトップページへ

INDEX > 単子葉植物 > ユリ科 > シュロソウ属 > アオヤギソウ

アオヤギソウ 拡大画面へ

アオヤギソウは,湿り気のある草原や林の中に生える多年草。
アオヤギソウを含めて,シュロソウ,ホソバシュロソウ,タカネアオヤギソウ,ムラサキタカネアオヤギソウはすべて同一種の中の変種または品種で,花の色や草丈,苞の長さなどによって区別されているが,その境界線は必ずしもはっきりしない。
本種は日本に自生するものの中ではもっとも基本的な種で,花は淡黄緑色で草丈が比較的高くなるものである。
この写真は秋田駒ヶ岳の標高1.500mほどのところで撮影したが,さらに高山型として草丈が低く苞が花序より突出するものが,タカネアオヤギソウとされる。
これらの変種,品種は,時には別々に生え,時には混在している。
シュロソウ属の植物に共通の特徴として,同じ花序に雄花と両性花をつける。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


アオヤギソウ 2003年7月13日 秋田県秋田駒ヶ岳 alt.=1578m

【漢字名】青柳草
【花期】6〜8月 【分布】北海道・本州(東北,関東,中部) 【草丈】ひざ〜腰
【環境】山地・低山,森林・林縁,原野・草原

アオヤギソウ 詳細画面へ アオヤギソウ 詳細画面へ アオヤギソウ 詳細画面へ アオヤギソウ 詳細画面へ アオヤギソウ 詳細画面へ アオヤギソウ 詳細画面へ アオヤギソウ 詳細画面へ
アオヤギソウ 両性花(秋田県秋田駒ヶ岳) アオヤギソウ 両性花中心部(秋田県秋田駒ヶ岳) アオヤギソウ 雄花(秋田県秋田駒ヶ岳) アオヤギソウ 雄花側面(秋田県秋田駒ヶ岳) アオヤギソウ 苞(秋田県秋田駒ヶ岳) アオヤギソウ 花序の軸(秋田県秋田駒ヶ岳) アオヤギソウ 葉(秋田県秋田駒ヶ岳)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのシュロソウ属
シュロソウ 
このほかのユリ科
ヤブカンゾウ  タカサゴユリ  ヤブラン  ムスカリ  ジャノヒゲ  ツルボ  サルトリイバラ  ホウチャクソウ  チゴユリ  ショウジョウバカマ  ノカンゾウ  ウバユリ  オオウバユリ  オニユリ  オオバジャノヒゲ  ヤマホトトギス  エンレイソウ  ネバリノギラン  アサツキ  ヤマラッキョウ  ギョウジャニンニク  シライトソウ  カタクリ  キバナノアマナ  ツクシショウジョウバカマ  エゾキスゲ  ニッコウキスゲ  コバギボウシ  ヤマユリ  ササユリ  コオニユリ  エゾスカシユリ  マイヅルソウ  キンコウカ  クルマバツクバネソウ  ヒメイズイ  オオバタケシマラン  タケシマラン  ヤマジノホトトギス  タマガワホトトギス  オオバナノエンレイソウ  ミヤマエンレイソウ  アマナ  ヒメニラ  オオチゴユリ  ホソバナコバイモ  クロユリ  ミノコバイモ  アワコバイモ  コシノコバイモ  トサコバイモ  イワギボウシ  ミズギボウシ  テッポウユリ  クルマユリ  ヤマトユキザサ  ヒロハユキザサ  イワショウブ  チャボホトトギス  ヒメエゾネギ  イズモコバイモ  ヒメアマナ  ヒメショウジョウバカマ  オゼソウ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】