オニユリ

Lilium lancifolium
ユリ科 ユリ属

植物図鑑のトップページへ

INDEX > 単子葉植物 > ユリ科 > ユリ属 > オニユリ

オニユリ 拡大画面へ

オニユリは,人里近くや海岸の草地,崖などに生える多年草。また,栽培も盛んにされている。
自生している場所の多くは人里周辺で,もともとの自生なのか,大陸から持ち込まれたものなのか議論があるがはっきりしない。多くは3倍体で果実ができず,その点,大陸から持ち込まれたヒガンバナ,シャガなどと同じで興味深い。
コオニユリと遠目にはよく似ているが,オニユリは葉えきにむかごをつけるので識別できる。


いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


オニユリ 2001年7月11日 愛知県南設楽郡鳳来町 alt.=298m

【漢字名】鬼百合 【別名】テンガイユリ
【花期】7〜8月 【分布】北海道・本州・四国・九州(帰化植物) 【草丈】ひざ〜目
【環境】人里・田畑,河原・渓流,原野・草原,海岸


もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

オニユリの変異VARIATION

HELP

オニユリ 20115年7月28日 北海道札幌市
オニユリ 2015年7月30日 秋田県

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

このほかのユリ属
タカサゴユリ  ウバユリ  ヤマユリ  ササユリ  コオニユリ  エゾスカシユリ  テッポウユリ  クルマユリ 
このほかのユリ科
ヤブカンゾウ  ヤブラン  ムスカリ  ジャノヒゲ  ツルボ  サルトリイバラ  ホウチャクソウ  チゴユリ  ショウジョウバカマ  ノカンゾウ  オオウバユリ  オオバジャノヒゲ  ヤマホトトギス  エンレイソウ  ネバリノギラン  アサツキ  ヤマラッキョウ  ギョウジャニンニク  シライトソウ  カタクリ  キバナノアマナ  ツクシショウジョウバカマ  エゾキスゲ  ニッコウキスゲ  コバギボウシ  マイヅルソウ  キンコウカ  クルマバツクバネソウ  ヒメイズイ  オオバタケシマラン  タケシマラン  ヤマジノホトトギス  タマガワホトトギス  オオバナノエンレイソウ  ミヤマエンレイソウ  アマナ  アオヤギソウ  シュロソウ  ヒメニラ  オオチゴユリ  ホソバナコバイモ  クロユリ  ミノコバイモ  アワコバイモ  コシノコバイモ  トサコバイモ  イワギボウシ  ミズギボウシ  ヤマトユキザサ  ヒロハユキザサ  イワショウブ  チャボホトトギス  ヒメエゾネギ  イズモコバイモ  ヒメアマナ  ヒメショウジョウバカマ  オゼソウ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】