ホウチャクソウ

Disporum sessile
ユリ科 チゴユリ属

植物図鑑のトップページへ

INDEX > 単子葉植物 > ユリ科 > チゴユリ属 > ホウチャクソウ

ホウチャクソウ 拡大画面へ

ホウチャクソウは,ソメイヨシノが散って,八重桜が最盛期を迎える頃,林の下でひっそりと目立たない花をつける。ナルコユリやアマドコロといったよく似た花の中でも,花期はひときわ早い。
また,自生環境はあまり日当たりのよくない林の下で,杉林の下などでもよく花を咲かせている。この点は,日当たりを好むアマドコロと違うところ。
形態的には,茎が分岐せずに花をぶらさげるアマドコロやナルコユリと違って,茎が分岐するのが大きな特徴。
和名は,花が寺院の多宝塔の軒下にぶらさがっている宝鐸に似ていることから。

いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


ホウチャクソウ 2008年5月8日 新潟県南魚沼市

【漢字名】宝鐸草
【花期】4〜5月 【分布】日本全土 【草丈】すね〜ひざ
【環境】人里・田畑,山地・低山,森林・林縁

ホウチャクソウ 詳細画面へ ホウチャクソウ 詳細画面へ ホウチャクソウ 詳細画面へ ホウチャクソウ 詳細画面へ ホウチャクソウ 詳細画面へ ホウチャクソウ 詳細画面へ ホウチャクソウ 詳細画面へ
ホウチャクソウ 花が寺院の軒にぶら下がる宝鐸に似ているというのでこの名がある(新潟県南魚沼市) ホウチャクソウ 花断面(新潟県南魚沼市) ホウチャクソウ 花内部。白い花柱を,黄色の雄しべの葯が取り囲む(新潟県南魚沼市) ホウチャクソウ 葉は光沢がある(新潟県南魚沼市) ホウチャクソウ 葉表(新潟県南魚沼市) ホウチャクソウ 葉裏(新潟県南魚沼市) ホウチャクソウ 茎には鱗片葉がつく(新潟県南魚沼市)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 

Y listの関連ページへ

図鑑jpの関連ページへ

このほかのチゴユリ属
チゴユリ  オオチゴユリ 
このほかのユリ科
ヤブカンゾウ  タカサゴユリ  ヤブラン  ムスカリ  ジャノヒゲ  ツルボ  サルトリイバラ  ショウジョウバカマ  ノカンゾウ  ウバユリ  オオウバユリ  オニユリ  オオバジャノヒゲ  ヤマホトトギス  エンレイソウ  ネバリノギラン  アサツキ  ヤマラッキョウ  ギョウジャニンニク  シライトソウ  カタクリ  キバナノアマナ  ツクシショウジョウバカマ  エゾキスゲ  ニッコウキスゲ  コバギボウシ  ヤマユリ  ササユリ  コオニユリ  エゾスカシユリ  マイヅルソウ  キンコウカ  クルマバツクバネソウ  ヒメイズイ  オオバタケシマラン  タケシマラン  ヤマジノホトトギス  タマガワホトトギス  オオバナノエンレイソウ  ミヤマエンレイソウ  アマナ  アオヤギソウ  シュロソウ  ヒメニラ  ホソバナコバイモ  クロユリ  ミノコバイモ  アワコバイモ  コシノコバイモ  トサコバイモ  イワギボウシ  ミズギボウシ  テッポウユリ  クルマユリ  ヤマトユキザサ  ヒロハユキザサ  イワショウブ  チャボホトトギス  ヒメエゾネギ  イズモコバイモ  ヒメアマナ  ヒメショウジョウバカマ  オゼソウ 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】