ギョウジャニンニク【植物検索・撮れたてドットコム】

ギョウジャニンニク

Allium victorialis var. platyphyllum
ネギ属
ENG=ユリ科 Liliaceae
APG=ヒガンバナ科 Amaryllidaceae*

植物検索のトップページへ

INDEX > 単子葉植物 > ユリ科 > ネギ属 > ギョウジャニンニク

ギョウジャニンニク 拡大画面へ

ギョウジャニンニクは,亜高山帯の草地に生える多年草。北海道でアイヌネギといえばギョウジャニンニクのことを指し,人気の山菜である。美味だがネギ臭はかなり強い。本州では食べるほどとれるところは多くない。
ネギ属の仲間は普通葉が線形だが,ギョウジャニンニクはへら形なのでそこに着目すれば似たものと見まちがえる心配はない。


いがりまさし植物写真ワークショップ
全国各地で開催

初心者、コンパクトカメラの方も大歓迎
目から鱗の植物写真術


ギョウジャニンニク 2001年7月29日 長野県南信濃村 alt.=1934m

【漢字名】行者大蒜
【花期】6〜7月 【分布】北海道・本州(東北,関東,中部,近畿) 【草丈】すね〜ひざ
【環境】山地・低山,森林・林縁,原野・草原


ギョウジャニンニク 詳細画面へ ギョウジャニンニク 詳細画面へ ギョウジャニンニク 詳細画面へ ギョウジャニンニク 詳細画面へ ギョウジャニンニク 詳細画面へ ギョウジャニンニク 詳細画面へ ギョウジャニンニク 詳細画面へ
ギョウジャニンニク 花序(群馬県尾瀬ヶ原) ギョウジャニンニク 花(群馬県尾瀬ヶ原) ギョウジャニンニク 花側面(群馬県尾瀬ヶ原) ギョウジャニンニク 花序の基部に膜質の総苞があるのはネギ属に共通の特徴(群馬県尾瀬ヶ原) ギョウジャニンニク 花柄(群馬県尾瀬ヶ原) ギョウジャニンニク 葉。ネギ属としては幅が広い(群馬県尾瀬ヶ原) ギョウジャニンニク 茎(群馬県尾瀬ヶ原)
ギョウジャニンニク 詳細画面へ ギョウジャニンニク 詳細画面へ
ギョウジャニンニク 葉表(群馬県尾瀬ヶ原) ギョウジャニンニク 葉裏(群馬県尾瀬ヶ原)

もっとくわしく⇒  総合  拡大  詳細  比較  変異  群落  索引  検索  English 


Y listのギョウジャニンニク関連ページへ

図鑑jpのギョウジャニンニク関連ページへ

ギョウジャニンニクと同じ属の仲間(ネギ属)
アサツキ
  ヤマラッキョウ
  ヒメニラ
  ヒメエゾネギ
 
ギョウジャニンニクと同じ科の仲間(ユリ科)
ヤブカンゾウ
  タカサゴユリ
  ヤブラン
  ムスカリ
  ジャノヒゲ
  ツルボ
  サルトリイバラ
  ホウチャクソウ
  チゴユリ
  ショウジョウバカマ
  ノカンゾウ
  ウバユリ
  オオウバユリ
  オニユリ
  オオバジャノヒゲ
  ヤマホトトギス
  エンレイソウ
  ネバリノギラン
  シライトソウ
  カタクリ
  キバナノアマナ
  ツクシショウジョウバカマ
  エゾキスゲ
  ニッコウキスゲ
  コバギボウシ
  ヤマユリ
  ササユリ
  コオニユリ
  スカシユリ
  エゾスカシユリ
  マイヅルソウ
  キンコウカ
  クルマバツクバネソウ
  ヒメイズイ
  オオバタケシマラン
  タケシマラン
  ヤマジノホトトギス
  タマガワホトトギス
  オオバナノエンレイソウ
  ミヤマエンレイソウ
  アマナ
  アオヤギソウ
  シュロソウ
  オオチゴユリ
  ホソバナコバイモ
  クロユリ
  ミノコバイモ
  アワコバイモ
  コシノコバイモ
  トサコバイモ
  イワギボウシ
  ミズギボウシ
  テッポウユリ
  クルマユリ
  ヤマトユキザサ
  ヒロハユキザサ
  イワショウブ
  チャボホトトギス
  ヒロハノアマナ
  イズモコバイモ
  ヒメアマナ
  ヒメショウジョウバカマ
  オゼソウ
 

このページへのダイレクトリンク歓迎です


メールアドレスを登録すると、全機能が使えるようになり、
撮れたてドットコムからさまざまな情報を受け取れます。
【いますぐ登録】